クレジットカードの国際ブランドは何を選ぶべきか

[記事公開日]2012年10月29日
LINEで送る
Pocket

クレジットカードに付けれる国際ブランドには、VISA、Master、JCB、AMEX、Dinersなどがありますが、海外旅行での使用を考えると、やっぱりVISAかMasterかなって思います。

JCBも最近は、日本人が多い観光地であれば使えるところが増えているような気がします。特にハワイは海外優待サービスが充実してるので、持っていると便利。

実は意外にダメなのが、AMEX。
American Expressなんて、いかにも海外で使えそうな名前がついていながら、使えないことが多いです。

Dinersは、ご存知のとおり会員特典は充実していますが、やっぱり支払いとなると使えないことも多いようです。

ただ、AMEXやDinersのプロパーカードは、そのステータスやサービスの充実度は言わずもがな。
なので、持たれている方も多いですが、その場合でも皆さん必ず、VISAかMasterのサブカードも持っていると聞きます。

私は、メインカードはエアライン提携カードのMasterで、サブカードとしてVISA、JCBを1枚ずつ持っています。

VISAとMasterの使い勝手は、どちらも変わらないように思います。
以前は、アメリカはVISA、ヨーロッパはMasterが強いとか言われていましたが、最近はそんなこともないです。
ヨーロッパでは、Masterのシールしかないお店もたまに見かけますが、実際はVISAでも支払えるところが多いようですし。
ただそうはいっても、VISAしかダメ、Masterしかダメ、という施設がまれにあったりします。
なので、一人旅するときには、できれば両方持っていたほうが安心です。

それと、海外で利用するカードは、できればICチップがついているクレジットカードのほうがいいです。
国によっては、ICチップがついていないカードは使えないというお店が、徐々に増えているようです。(特にヨーロッパ方面)
ICチップがついていないと、パスポートの定時を求められたり面倒なこともあるので、これから海外旅行用にクレジットカードを作るという方は、この辺も考慮してみてください。


follow us in feedly
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA