2階建てバスで北海道神宮→白い恋人パーク→場外市場をまわる半日ツアー

[記事公開日]2013年9月30日
LINEで送る
Pocket

北海道神宮札幌1泊旅行の2日目は、北海道中央バスが催行する半日バスツアーを利用しました。

9:30に札幌バスターミナルを出発し、北海道神宮、白い恋人パーク、中央卸売市場場外市場の3箇所で下車して、それぞれ自由時間があるお手軽観光バスツアーです。

赤い2階建てバスで、多言語案内システムが搭載されており、お好みの言語でガイドが聞けるので、外国人の利用者も多いようです。

2階建てバス 白い恋人パークと場外市場コース

事前予約できますが、当日でも空席があれば、申込みできるようでした。
札幌バスターミナルの2F(札幌エスタ)に窓口があり、事前予約した場合も当日購入の場合も、そこで手続きします。
色んな観光コースがあり、参加する人たちが大勢集まってるので、すぐ分かります。

ヘッドフォンで音声ガイドを聞きながら、車窓の風景を楽しみつつ。
最初に訪れたのは、北海道神宮。

北海道神宮

北海道開拓の守護神のほか、明治天皇がお祀りされています。
勝負運、恋愛運、縁結び、金運、交通安全などのご利益があるそうですよ。

おみくじ

おみくじ引いたら、大吉でした☆

自由時間が25分しかなかったので、お参りして、おみくじ引いて、写真撮ったりしてたら、あっという間に時間切れ。
緑が深くて爽やかで良い場所だったから、もうちょっと長く居たかったなぁ。

バスに乗り込み、お次は白い恋人パークへ。
おなじみ白い恋人の製造工程が見学できるチョコレートファクトリーです。

白い恋人パーク

到着してビックリ!思ったより広い。
ミニSLが走ってたり、ローズガーデンがあったりして、小さなテーマパークみたい。

白い恋人パーク

洋風の建物に、からくり時計。
日本じゃないみたいです。
時計が毎時ピッタリになると、ちょっとしたショーがはじまります。

白い恋人パーク館内

観光ツアーには入館料600円が含まれていたので、館内にも入りました。
ちなみに、工場見学などせず外だけで遊ぶだけなら、無料みたいです。
館内もまた洋風な造りで、チョコレートに関わる歴史や美術品などが見学できるようになっています。

白い恋人パーク館内

18世紀頃までは、チョコレートは貴族の間で親しまれていた飲み物だったそうで。
その頃のチョコレートカップのコレクションが展示されてて、なかなか素敵です。

白い恋人パーク見学

こちらは、白い恋人の製造ラインです。
ランドグシャークッキーにホワイトチョコをサンドする様子などを、上から見学することができます。
ちょっと遠目なので、もう少し近くで見れたら、さらにおもしろいのに。


白いロールケーキ

館内にはカフェがあります。
白いロールケーキを食べました。おいしかった♡
カフェからは、からくり時計やコンサドーレ札幌の専用練習場が見れて、眺め最高!

ちなみに、白い恋人パークでは約70分の自由時間がありました。
館内と外を見学して、ちょっとお茶すると、ちょうどいい感じ。

そして、バスは最後の目的地である場外市場へ。

ここでランチです。
70分の自由時間。
色んなお店があって、迷ってなかなか決められず。
結局、「北の漁場」というお店に入りました。

場外市場の海鮮丼

おまかせ海鮮丼。

場外市場のランチ

つぶ貝の串、サーモンのお寿司、つぼ鯛の焼き。
新鮮な生ものもいいけど、私は焼き物が好きかも~。

約4時間の半日観光コースなので、結構急ぎ足な感じでした。
何泊かするのならレンタカーを借りて自分たちで周ったほうがいいけど、弾丸旅行にはこういったバスを利用するのも一つの手かも。


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA