アントニ・ガウディの作品群(グエル公園~カサ・ミラ~カサ・バトリョ他)

[記事公開日]
LINEで送る
Pocket

アントニ・ガウディの作品群バルセロナの街中には、ガウディ作品が数多く残っています。

その作品は、ユニーク、斬新、奇抜、華やか・・・どんな言葉で表現したらいいのか分からないほど、想像力に富んでいて、まさに建築の鬼才と呼ばれた芸術家の遺物です。

実質1日半しかなかったバルセロナの街歩きの中で、半分はサグラダ・ファミリア見物に時間を割き、残り1日はその他のガウディ作品を早足で見てまわりました。

グエル公園


パトロンとしてガウディを生涯支え続けたグエルさんがスポンサーとなって作った公園。
当初は60戸の住宅も建設予定だったものの、グエルさんの死によって計画は取りやめとなり、公園だけが残ったそうです。

グエル公園

とても美しい公園です。
広い敷地に、ガウディワールド全開。

グエル公園

有名な正面階段には、公園のシンボルであるモザイク造りのトカゲが。
曲線が特徴的なベンチのある広場からは、地中海が望めます。

バルセロナ中心地からグエル公園への行き方


天気が良ければ、メトロ3号線のVallcara駅で下車して、ぶらぶら歩くのがおすすめ。

メトロの駅に到着すると、グエル公園までの案内が出ているので、すぐ分かります。
途中、長いエレベーターに乗ったり、ものすごい急勾配の坂を歩いて登ったりするので、ちょっと体力のない人には厳しいかもしれないけれど、遠足気分で楽しんでみてください。

ちなみに、この行きかたの場合、正面玄関とは逆の小さな入り口から入ることになります。
正面玄関から最後に出る形になるので、シンボルのトカゲを見るのは最後のお楽しみに。

同じく3号線のLesseps駅から20分ほど歩けば、正面入り口のほうに着きますので、お好みのほうで。


カサ・ミラ


晩年のガウディの作品で、波打つような曲線で造られた集合住宅。
通りを歩いていて、こんなくねくねした建物が普通にあるから、ちょっと笑っちゃう。
それがバルセロナの魅力!

カサ・ミラ

徹底して直線が排除されたデザイン。
建物内部の装飾も一つ一つがとても独創的。

カサ・ミラ

最上階はガウディの作品を紹介する博物館になっていて、屋上はさらに不思議な空間になっています。
おもしろいので、是非登ってみて欲しいです。


カサ・バトリョ


歴史文化遺産にも指定されている、バトリョさんの邸宅。
ガウディが彼の依頼を受けて、増改築したそうです。

カサ・バトリョ

ここでは、入場料を払うと無料で音声ガイドを貸してもらえました。
もちろん日本語もあり。
ちゃんと説明を聞きながら一部屋ずつ周っていくと、かなり時間はかかりますが、ここはじっくり見る価値ありです。

カサ・バトリョ

美しいタイルやガラスを利用して建てられていますが、見た目の美しさだけでなく、自然光を取り込む仕組みや、手に触れたときのグリップ感など、ちゃんと住みやすさも考慮され、緻密な計算のもと造られた住居であることが分かります。


レイアール広場の街灯


最後に、ランブラス通り沿いのレイアール広場にある街灯。

レイアール広場の街灯

ガウディが若い時にデザインしたものだそうです。
あまりに街に馴染んでいるので、気づかず通り過ぎてしまいそうでした。


以上、アントニ・ガウディの主な作品群の紹介でした。

バルセロナにはガウディのほかにも、ピカソ、ミロ、ダリ、モンタネールなど、芸術家の作品が溢れた素晴らしい街。

やっぱり2泊じゃ足りなかった~!


follow us in feedly
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA