冬の江ノ島散歩で江島神社をお参り

[記事公開日]2014年2月16日
LINEで送る
Pocket

江島神社湘南といえば夏!というイメージがあると思いますが、ピリッと寒い冬の江ノ島散歩もなかなかいいものです。

夏場は海に遊びにくる若者や観光客で賑わいますが、この時期はわりと落ち着いていて、のんびり歩くのには最適。

昔は「絶対にカップルで行っちゃダメ!」という都市伝説もあった「江島神社」ですが、今ではすっかり恋愛成就のご利益のあるパワースポットになっています。


江ノ島

江ノ島に上陸して、上り坂を歩いてくると、朱色の綺麗な鳥居が見えてきます。


江ノ島

後ろを振り向くとこんな感じ。
両脇にはお土産屋さんや食べ物屋さんが並んでいて、楽しい上り坂。


江島神社「辺津宮」

鳥居をくぐり、瑞心門を抜けて、さらに階段を上ると、辺津宮に到着。
有名な茅の輪があるので、通ってお祓いします。


奉安殿

辺津宮の左手にあるのが、奉安殿。
八臂弁財天と妙音弁財天が祀ってあります。
琵琶を持った裸の弁財天である妙音弁財天は、日本三大弁財天のひとつ。
技芸上達のご利益があるので、芸能人も多く参拝します。
歌舞伎役者の手形などもありますよー。


辺津宮の銭洗い

龍神の銭洗い。
ここでお金を洗うと、金運UP!


むすびの樹

むすびの樹。
根が一つになった幹が二本の銀杏の木。
辺津宮のご神木で、恋愛運UPのご利益が。
ピンク色の絵馬がたくさん。


中津宮

さらに道なりに進み、階段を上っていくと、中津宮に到着。
朱色の派手なお宮です。


奥津宮

さらにどんどん進んでいくと、奥津宮の立派な鳥居が見えてきます。
この辺は、かなり強いパワーを感じるエリア。


奥津宮の八方睨みの亀

奥津宮の天井には、「八方睨みの亀」があります。


龍宮

奥津宮の近くに、龍宮という龍神を祀ったお宮があります。
ちなみに、籠宮と書いて「わだつみや」と読みます。


龍

籠宮の入り口に鎮座する龍。


スマホ用フォトスタンド

籠宮の前には、こんなスマホ用のフォトスタンドが設置されています。
確かに、この位置から籠宮をバックに写真を撮ると、とてもかっこいい1枚が撮れる!


江島神社のお守り

江島神社には、色んな種類の授与品があります。


恋人の丘(龍恋の鐘)

奥津宮からちょっと歩いたところにある、恋人の丘(龍恋の鐘)。
映画「陽だまりの彼女」のロケ地。


恋人の丘(龍恋の鐘)

恋人の丘のカギは、少し手前の商店で売ってるので、カギをつけたいカップルの皆様はそこで買ってください。
ただ、このカギは1年で撤去されるようですので、その覚悟で...。


恋人の丘(龍恋の鐘)

鐘を鳴らした二人は別れないという伝説あり。
本当かどうか、是非お試しください。


江島神社の近道

帰り道、階段の上り下りがほとんどないショートカット。
写真のように、「中村屋羊羹店」の手前を左に曲がります。


江島神社の近道

こんな緩やかな下り道。
左手にはやがて海が見えてきます。
結構な絶景です。


江島神社の近道

最終的に、最初の鳥居のところに出ます。
これ、疲れ知らずのおすすめルートです。


follow us in feedly
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA