11日間で夜明けのパリ&アンダルシア地方&マドリッドを旅するルート

[記事公開日]2012年11月5日
LINEで送る
Pocket

2008年4月にエールフランスのパリ乗継便を利用して、スペインのアンダルシア地方とマドリッドを旅したときのルートを紹介します。

乗継ぎするパリでは、約9時間のトランジットタイムを利用して、早朝のパリの街を散歩したり、観光やカフェでの食事を楽しみました。

1日目21:55成田発のエールフランスにて、パリへ。機内泊
2日目早朝4:15パリのシャルル・ド・ゴール着。出国してシャトルバスでパリ市内へ。
※凱旋門、エッフェル塔、ノートルダム大聖堂、セーヌ川沿い散策、カフェでブランチ
13:35のフライトで、スペインのマラガへ。
※マラガ市内散策、ディナー
マラガ泊
3日目終日ミハス観光。
※ミハスからの帰り道に、トレモリノスでバスを下車して散策。
マラガ泊
4日目マラガ市内観光。
※ヒブラルファロ城、城塞アルカサバ、マラガビーチ
夕方、バスでグラナダへ移動。
グラナダ泊
5日目終日グラナダ観光。
※アルハンブラ宮殿(王宮以外)、洞窟フラメンコ、サン・ニコラス展望台からの夜景
グラナダ泊
6日目終日グラナダ観光。
※王室礼拝堂、カルデレリア・ヌエバ通り散策、アルハンブラ宮殿(王宮の夜の部)
グラナダ泊
7日目午前、バスでグラナダからマドリッドへ移動。
※プエルタ・デル・ソル、マヨール広場周辺を散策
マドリッド泊
8日目終日マドリッド観光。
※王宮、アルムデナ大聖堂、スペイン広場周辺、グランビア周辺を散策
マドリッド泊
9日目終日マドリッド観光。
※プラド美術館、国立ソフィア王妃芸術センター
マドリッド泊
10日目午前、ショッピング
15:35マドリッド発、パリを経由して日本へ。
機内泊
11日目13:55成田着。-

南スペインのマラガからスタートする旅でしたが、乗継ぎするパリでも少し遊びたかったので、トランジット時間が長くなるようにわざと1本遅めのフライトを選びました。
約9時間あったので、出入国の手続きや空港-市内間の移動にかかる時間を除いても、たっぷり6時間ぐらいはパリを満喫することができましたし、パリでのスーツケースのピックアップはないので、身軽に動き回れたのが良かったです。

夜明け前のパリ:ライトアップされた凱旋門



スペインは、地域それぞれの魅力がありますが、定番カルチャーの発祥地であるアンダルシア地方と、文化都市マドリッドの両方を見てみたかったので、このようなルートにしました。

この旅では、アンダルシア地方は地中海に面する街マラガ、白い街と呼ばれるミハス、アルハンブラ宮殿のあるグラナダの3都市を訪れました。
本当はセビーリャやコルドバなど他の都市にも行きたかったのですが、移動で忙しすぎる旅にはしたくなかったので、この3都市に絞りました。

マラガは、通過点にする旅行者も多いようですが、コスタデルソルの玄関口でリゾート気分を味わえるし、一方で歴史建造物もあり文化的にも楽しめる街。

ミハスは、歩いて一周できるほど小さな村ですが、白と青のコントラストが素敵な穏やかな観光地。マラガからの1day tripにおすすめです。

グラナダは、ハイライトはもちろんアルハンブラ宮殿。私たちは2日間に渡ってアルハンブラ宮殿を見学しましたが、少し離れた場所から見る幻想的な夜景もまた見事でした。
グラナダはイスラム文化の遺薫が色濃く残る街で、エキゾチックなその雰囲気がとても気に入り、もっと長く居たいと思える街でした。

マドリッドは、都会的な大都市。
王宮や美術館など時間をかけてゆっくり見たいスポットがたくさんあり、当初の予定ではセゴビアやトレドにも足を伸ばそうと思っていたのに、時間が足りませんでした。

スペイン旅行の全体的な印象としては、ホテル代が比較的高いなと。
もちろん安いホテルも探せばありますが、中級クラスのホテルに泊まろうと思うと、1泊15,000~20,000円が目安かもしれません。

飛行機は、エールフランス航空のサイトから直接ネット手配して、134,000円でした。

゜:*★スペインのオプショナルツアー予約Alan1.net★*:°

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA