カッパドキアの熱気球体験

[記事公開日]2012年11月5日
LINEで送る
Pocket

トルコのカッパドキアで、生まれて初めて熱気球に乗って空を飛びました。
現地でサンライズ熱気球ツアーを申し込んだのですが、ツアー当日はお天気もとても良く、感動のふわり体験でした!

カッパドキアの熱気球は、体験した人のほとんどがブログなどで、「感激!」「最高!」「乗ってよかった!」と言っていたので、絶対に乗ってみたいと思ってました。

上空でサンライズを拝み、世界遺産の奇岩地帯をふわふわ移動する約1時間のフライト。
その絶景は、カッパドキアに来て、気球に乗った人しか見ることのできない、まさにプライスレスの体験。

私たちが申し込んだのは、Kaya Balloonsのバルーンツアー。

このバルーンツアーは、気球の上からサンライズを見るので朝がとても早く、5:30にホテルにお迎えの車が来ました。

まず、バルーン乗り場近くのカフェのようなところで軽食(飲み物、パン、クッキーなど)が出された後、それぞれが乗る気球のところに案内されました。




ちょうどタイミングが合えば、写真のようにぺったんこの気球にこうして火を入れるところを間近で見学できると思います。
熱で暖められた球皮の中の空気と、外気との比重の違いで発生する浮力を利用して飛ぶ熱気球。
いくら巨大なバーナーで熱を送っているとはいえ、この下に20人以上が乗る重たいバスケットをつけて、浮力だけで飛べるというのが、とても不思議~。

だんだん膨らんできたところで気球を起こして、みんな乗り込みます。
私たちの気球は少人数乗りの小さいバスケットで、乗ったお客さんは全部で10人でした。
真ん中にパイロットが乗り、4分割されたバスケットの中にそれぞれ2~3人ずつ入ります。
スペースはかなり狭く、大きな荷物は邪魔になってしまうので、身軽な格好で乗ったほうがいいです。
あと、バスケットに乗る時は、思いっきり足をあげてまたいで乗らないといけないから、女性はスカートよりパンツのほうがいいですね。




気球はあっという間に上空まで上がります。
当日はお天気も風のコンディションも良く、世界遺産の奇岩群の上を飛びながら、素敵なサンライズを見ることができました。




何億年もの年月を経て形成された奇岩の大地が、だんだんと赤く染まってキラキラ輝く様子は、息を呑む絶景!
上を見ても下を見てもどこを見ても、その美しさに感動です。
この日は、100個近くの気球が同時に空を飛んでいました。

気球はとても静かですが、時々パイロットが高さをコントロールする為にレバーを引いて火をつけると、ボーッという音と共に気球がポッと明るくなって、それがまた何とも雰囲気があって素敵でした。




おまけに、私たちのパイロットはかなりのイケメンでした♡

ランディングは、なんとトラックの荷台の上にバスケットごと乗せるのです。
地上でトラックを走らせるスタッフと上空のパイロットとが1つのチームになっていて、無線で連絡を取り合いながらランディングスペースを確保して、風に気球を乗せながらパーフェクトに着地しました。
そのチームの仕事っぷりが超かっこよかったです。

降りた後は、みんなでシャンパンとケーキで乾杯して、写真撮影をして、最後一人一人に飛行証明書が手渡されました。

小さいバスケットでデラックスなフライト


Kaya Balloonsのサイトを見ると、以下の2つのコースがあるようです。
90minのコースは夏季限定で、私たちが行った10月は60minのコースのみでした。

– Standard flight (approximately 60 minutes; 20-24 people in the basket)
 : 150 Euro per person (cash)
– Deluxe flight (approximately 90 minutes; 10-16 people in the basket)
 : 220 Euro per person (cash)

現地で仲良くなった旅行代理店の人が親戚のコネを使って手配してくれて、10~16人乗りの小さいほうのバスケット指定で、しかも100 Euroというサービス価格で手配してもらえて、とてもラッキーでした。

60minと言われていたのが何だかんだで90minぐらい飛んでいたし、奇岩のすぐ近くまでバルーンを寄せて飛んでくれたりして、本当に大満足のフライトでした。

現地でも簡単に申し込める


バルーンツアーは、日本からのツアー旅行だと元々旅程に組み込まれていたり、オプショナルツアーで選んだりするようですね。
個人旅行の場合は、私たちがそうしたように現地の旅行代理店やホテルで申し込む人が多いようです。

カッパドキアにはたくさんのバルーン会社がありますが、旅行代理店やホテルは手配するバルーン会社を1社もしくは数社に決めているところが多いようです。
私たちも2社の旅行代理店で話を聞いてみましたが、1社ではKaya Balloonsを、もう1社ではBalloon Turcaを紹介されました。
バルーン会社によって、また手配する代理店やホテルによって金額には結構差があるようですが、だいたい60minのフライトなら120-200 Euroが相場のようです。

熱気球は、その原理や構造から最も安全な乗り物といわれており、事故率も飛行機と比べて1/10、深刻な事故は本当に稀であるとのこと。
カッパドキアには、数十社ものバルーン会社がありますので、事前の下調べで安全面がしっかりしている会社を選ぶことも重要ですね。

それと、気球の安全運航の為には、私たち乗客の協力も必要。
特に着陸の際にはランディング・ポジションが非常に重要で、これは出発前にパイロットから説明があり、乗客全員で練習もします。

金額的には安いアクティビティではないですが、払ったお金以上の価値はあったし、本当に素敵な思い出になりました。
これからカッパドキアに行かれる方には、是非おすすめしたいです。

゜:*★トルコのオプショナルツアー予約Alan1.net★*:°


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA