ハウステンボス散策チケット(入場1日+パークバス1日乗車券付き)のおすすめ満喫プラン

[記事公開日]2014年3月21日
LINEで送る
Pocket

ハウステンボス入国長崎ハウステンボス(HTB)。
一度行ったことのある人は、皆さん絶賛するテーマパーク。

経営破綻に追い込まれたハウステンボスを、H.I.S創業者でもある澤田氏が短期間で営業黒字化した話は有名ですね。

テーマパークにはあまり興味のない私でしたが、旅行サイトに載ってるHTBの写真があまりに素敵だったので、このたび満を持して行ってまいりました。

ちなみに、こんな本も出ています。
運をつかむ技術: 18年間赤字のハウステンボスを1年で黒字化した秘密

初めてのハウステンボスの率直な感想、とっても良かった!
個人的には、ユニバーサルスタジオ(ハリウッドのほう)やディズニーリゾートよりも、HTBのほうが好きかもです。

HTBは、テーマパークといって遊園地みたいなのを想像していくと、だいぶ違います。
ここは日本、長崎佐世保というのが信じられないぐらい、ヨーロッパの街並みが見事に再現されていて、よくぞここまで作ったものだと感心してしまいます。

実際にオランダやベルギーを旅行した際に、見たり感じた風景や雰囲気を、日本の長崎でもう一度味わえるとは。
異国を旅している気分になれるので、海外旅行好きにはたまらんです。
ただし中国人観光客が多いので、聞こえてくる会話はほぼ中国語ですが・・・(^^ゞ

ハウステンボス

ハウステンボス=Huis Ten Boschは、オランダ語で「森の家」という意味だそう。

ハウステンボスのチケット


HTBには、チケットの種類が色々あります。
アトラクション施設が利用できる1DAYパスポート(5,900円)を買う人が多いようですが、今回は、ハウステンボス散策チケット(3,500円)を購入しました。

園内の入場が1日、再入場も1回だけできて、園内を走るパークバスは乗り放題です。
結果、大人が1日ぶらぶら遊ぶには、これで充分だなぁと思いました。
有料施設は、パレスハウステンボスのみ500円を払って入りました。
ちなみに、こちらの施設は1DAYパスポートを持っていたところで別料金かかります。

それでは、園内の様子を写真多めでご紹介します。


フラワーロード~アトラクションタウン


ハウステンボス

花と風車の道。
3月上旬でしたが、既にチューリップが満開でした。
この風景、まさにオランダ!


ハウステンボス

園内あちこちで、スタッフがこうして水遣りしている風景も見られます。
なので、お花がいつもキラキラ輝いていて綺麗。


ハウステンボス

こちら噴水公園の周辺はアトラクションタウンといって、アミューズメント・ミュージアムが点在しています。
グルメ街もあって、チーズやチョコレート、カステラの専門店などがあり、お買い物も楽しいエリア。


チーズ専門店

チーズ専門店

オランダということで、チーズの専門店やチーズフォンデュのレストランがあります。


カステラの城

カステラの城試食コーナー

カステラの城。
色んなお店のカステラが大集合しています。
一周ぐるっと食べ比べできる試食コーナーもあって、お土産選びの参考にもなりますね。
何種類も食べてると、最後のほうはもう何だか分からなくなってきますけど・・・(^^ゞ


アートガーデン~タワーシティ


ハウステンボス

花と緑のエリアで、白い大観覧車が目印。


ハウステンボス

ハウステンボスのシンボルタワー「ドムトールン」。
迷っても、ドムトールンさえ見えれば何とかなる。


ワールドバザール


ハウステンボス

こちらがアムステルダム広場。
エンターテイメントショーが行なわれたり、ショップも色々あります。
地図で見ると、このワールドバザールの辺は敷地でちょうどド真ん中に位置します。
ハーバータウン行きや出国ゲート行きのバスの乗り場もここにあります。


ホテルアムステルダム

園内にある唯一のオフィシャルホテル「ホテルアムステルダム」。
オフィシャルホテルは他に、ホテルヨーロッパフォレストヴィラホテルオークラJRハウステンボスホテル日航ハウステンボスウォーターマークホテル長崎・ハウステンボスがありますが、園内にあるのはこのホテルアムステルダムのみ。

ホテルアムステルダムは、早朝などまだ入場者がいない時間帯にも園内をお散歩できたりといった宿泊者ならではのメリットがあります。
お部屋もかなり凝っていて、こちらのローラアシュレイルームはとても人気らしいですよ。


ハウステンボス

運河をボートが優雅に通っていたりして、雰囲気ばっちり。


ハウステンボス仮面舞踏会

ちょうど行った時には、仮面舞踏会というイベントをやっていました。
仮装したスタッフがパーク内を歩いていたり、レストランやショップの従業員もベネチアンマスクをつけてました。


ハウステンボス

この辺の街並みは、もうヨーロッパそのもの。
お散歩がとても楽しいし、どこを撮っても絵になるので撮影にも力が入る。


ハーバータウン~パレスハウステンボス


ハーバータウン

ハーバータウンに行くには、一度出国します。
パークバスで移動する場合は、再入場するために手にスタンプを押してくれます。
このエリアはまた雰囲気がガラッと変わって、マリンな感じ。


パレスハウステンボス

ハーバータウンからさらに奥まで歩き進めると、「パレスハウステンボス」があります。
オランダにある宮殿の外観を充実に再現したという、見事な宮殿です。


パレスハウステンボス

有料施設だけど、ここはおすすめですね。
クラシック音楽が流れている中で、ベンチで座ってボーッと緑の芝生を眺めたりして、午後のひと時を過ごすのには最適。
ここだけではなく、ハウステンボスの中はどこも音楽が流れているんですね。
音楽ありとなしでは全然違って、気分を盛り上げてくれるのに一役買っていると思います。


パークバス

園内を走るパークバス。
お散歩も楽しいですが、疲れたらこちらのバスを見つけて乗りましょう。


ハウステンボス自転車

こんな乗り物や自転車のレンタルもあるようです。
元気な人は、こういうのを利用するのもアリ。


夕暮れ~夜のハウステンボス


ハウステンボス夕暮れ

夕暮れ時のHTB。
ライトアップが始まる頃、パーク内が幻想的なムードに包まれ、一番綺麗に見える時間帯。
近くのオフィシャルホテルに宿泊の場合は、昼間に一度ホテルに戻って休憩して、夜にまた再入場するのもいいと思います。


パレスハウステンボス夕暮れの風車

風車もこんな風にライトアップされます。


光の王国2014


パレスハウステンボス夜景

パレスハウステンボス光の王国

2013年11月2日~2014年4月6日まで開催している「光の王国」。
夜景鑑定士が選んだ、全国イルミネーションランキングで第1位!

1000万球を超えるイルミネーションと、3Dプロジェクションマッピングが楽しめる、夜のイベントです。
この光の王国が終わった後も、夜イベントは季節によって色々とあるようなので、昼は昼、夜は夜で両方楽しむのがいいと思います。


ハウステンボスパレード

一応パレードもやっていますが・・・。
こちらは、ディズニーリゾートなどとは比較にならない、おまけ的なものです。


光の王国プロジェクションマッピング

こちらは、3Dプロジェクションマッピング会場である、スリラーシティ。
今ハヤリの3Dプロジェクションマッピングですが、やっぱり実際に体感すると圧巻ですね。
おもしろい!

これからGWにかけてのHTBは、
4月:花の大祭典&九州最大規模!芝桜ガーデン
5月:1000品種100万本のバラ祭
6月:国内最多650品種あじさい祭
と、お花のイベントが満載!

という記事も寄稿していますので、よろしければ読んでみてください。


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA