2014日本発着クルーズ「ダイヤモンド・プリンセス」就航記念式典&レセプション

[記事公開日]2014年4月18日
LINEで送る
Pocket

ダイヤモンド・プリンセス先日、横浜港に停泊中のダイヤモンド・プリンセス号の中で、メディア向けの就航記念式典が行なわれました。

ダイヤモンド・プリンセスは、日本の長崎で建造されたプリンセス・クルーズの主力船で、今年の4月より横浜・神戸・小樽を母港とした日本発着クルーズを開始します。

同船は、2004年に三菱重工長崎造船所で建造され、以降世界中を航海して、記念すべき10年目の今年、日本に里帰りしたわけです。

記念式典には報道関係者ほか、旅行業関係者や政府関係者も集まり、さらにスペシャルゲストを迎えた華やかなイベントとなりました。


プリンセス・シアター

写真は、式典が行なわれた船内の「プリンセス・シアター」。
船の中とは思えない、とても大きな劇場です。


ダイヤモンドプリンセス就航記念式典

オープニングは、「プリンセス・クルーズ・プロダクション・チーム」による歌とダンスのショー。


ダイヤモンドプリンセス就航記念式典

実際に、クルージング中はこんなショーが毎晩このプリンセス・シアター内で開催されているそうです。


ジャン・スワーツ氏

続いて、プリンセス・クルーズ社長 ジャン・スワーツ氏のご挨拶。
「日本発着クルーズを提供できることを嬉しく思う。ダイヤモンド・プリンセスは、今回大規模な改装にて大浴場や寿司レストランを新設。ますます快適で充実したクルーズ体験を、日本の皆様に提供していきたい」

その後、株式会社カーニバル・ジャパンの代表取締役 木島榮子氏、ダイヤモンド・プリンセスのキャプテン、来賓のご挨拶が終わったところで、会場内に「Shall we dance」の歌が。


ダイヤモンド・プリンセス就航記念式典

またダンサーが登場し、優雅な踊りを披露。
でも、Shall we dance?ということは、次に出てくるのはあの方たち・・・。


ダイヤモンド・プリンセス就航記念式典

スペシャルゲストの周防正行監督と草刈民代夫妻。
トークショーが始まりました。

司会の方が3つのテーマを投げかけ、まず1つ目。
「Shall we dance?」
周防監督いわく、結婚前に草刈さんと一度踊ったことがあったそうです。
「プロと踊るので緊張した・・・・」と。
「クルージング中に船内で知らない人と踊ったりするのはおもしろそうですね」とも仰っていました。

2つ目のテーマ「Shall we shoot a film?」
こちらも周防監督より、「船旅そのものが映画になりますよね。船内の人間模様を描いた作品とか、興味がありますねー」とのこと。

3つ目のテーマ「Shall we do it?」
普段なにをして楽しんでいるのか?との質問に、「二人でよく旅行します」と草刈さん。
もし船旅するなら行き先はどこがいいか?と尋ねられると、「行き先はどこでも。きっと着いたらその土地なりに楽しみ方はたくさんある。それより船内で日頃味わえない様々な体験をして楽しみたい」とのこと。
また周防監督に、「旅行中の奥様の様子をちょっと教えてもらえませんか?」との質問が。
「草刈さんは小さい頃からずっとバレエ一筋の人なので、とにかくどこへ行っても何を見ても、ものすごく感動している。そこが自分としても、見ていて嬉しい」と。

素敵なご夫婦ですね~。


ダイヤモンド・プリンセス就航記念式典

トークショーの後は、スワーツ社長、木島社長、キャプテン、そしてゲストによる就航記念祝くす玉割り。


ダイヤモンド・プリンセス就航記念式典

最後に、スワーツ社長より周防監督と草刈さんご夫妻へ、クルーズ旅行ペアご招待チケットを贈呈。

式典が終わり、下船して今度は大さん橋国際旅客ターミナル内のイベントホールへ移動。
この途中、ブルーカーペットでのゲスト撮影会が行なわれました。


就航記念式典ブルーカーペット

華やかなオレンジ色のドレスで登場した、神田うのさん。


就航記念式典ブルーカーペット

船内見学会の時には、カジノでキラッキラのセクシードレスで撮影をしていた道端ジェシカさんが、今度は水玉の可愛いドレスに着替えて登場。


就航記念式典ブルーカーペット

写真家・映画監督の蜷川実花さん。
ミニのドレスがとてもオシャレでした。
にしても、エスコートの男性のメガネが気になるんだよなぁ。


就航記念式典ブルーカーペット

左から、スワーツ社長、周防監督、草刈さん、キャプテン。
草刈民代さんの美しさに釘付けでした。


草刈民代さんと周防監督

この立ち姿を見よ!
お手本ですねー。マネできないけど。
次に生まれ変わった時には、3歳からバレエを習おうって思いました。


ダイヤモンド・プリンセス レセプション

撮影会に続いて、レセプション。
ドリンクと軽食が用意されていました。


ダイヤモンド・プリンセス レセプション

横浜市の副市長ほか、来賓のご挨拶がありました。
写真は、副市長の鈴木伸哉氏、乾杯の音頭をとってるところ。


ダイヤモンド・プリンセス レセプション

先のブルーカーペットにも登場して、レセプションでは生歌を披露してくださった、ポップシンガー・ソングライターのソニア・ラオさん。
アメリカ歌唱コンテスト「ザ・ボイス」の出場者でもあるそうですよ。
素敵な歌声でした。

ダイヤモンド・プリンセスの船内見学会の様子は、また後日。

ダイヤモンド・プリンセスでの船旅については、クルーズ専門旅行会社 ベストワンクルーズH.I.S.で行くクルーズの旅にて、スケジュールや詳細を確認できます。

トータルコストで考えると、わりとリーズナブルで豪華な旅行ができる船旅。
私もいつかしてみたいです。


follow us in feedly
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA