キューバ(ハバナ)の宿泊はホテルとカサ・パルティクラルどっちがいいのか?

[記事公開日]2014年12月6日
LINEで送る
Pocket

Casa Particularキューバには、ホテルの他に「カサ・パルティクラル」という、キューバ人の個人宅に泊れるシステムがあります。日本の民宿みたいな感じ。

ツアーやパック旅行では通常ホテル宿泊になるので、カサ・パルティクラルは主に個人旅行向け。一般的なホテルよりも値段が安いので、長期滞在やバジェット旅行をする人には人気があるようです。

私たちは当初、このカサ・パルティクラルでの宿泊は全く考えてなくて、ホテルを探してました。
ちなみに、いつも利用するExpediaBooking.comHotels.comは、いずれもキューバのホテルの取り扱いはなし。
まぁ、ExpediaとHotels.comは本体が米国の会社なので取り扱ってないのは分かるんだけど、Booking.comは確かオランダではなかったか。なぜでしょう?
日本でキューバのホテル予約ができるサイトは、現在のところアップルワールドですね。

[2017年5月Update]
現在、Booking.comではキューバのホテルやカサの予約ができるようになっています。


ホテル手配に取りかかったのが遅すぎたせいか、観光に便利な旧市街のホテルは超お高いホテル以外は空室がなく、結局、新市街にあるこちらのホテルを予約しました。

>> ホテルセントジョンズ(Hotel St. John’s)

ツイン一室7,000/泊、朝食込みでした。

でもその後、ハバナのレストランを探している時に、行こうと決めたレストランのオーナーが、カサ・パルティクラルで部屋貸しをやっていることを知り、キューバ人宅に泊まってみるのもいいか~、なんて軽い気持ちで、ホテルのほうはキャンセルし、カサに泊まることにしてしまいました。

で、実際に宿泊したのは、こちらのカサです。

>> https://www.facebook.com/CasaDonaTere/info?tab=overview

結論、ホテルとカサどっちが良かったかは、両方に泊まったわけじゃないから分からないけれど。
ネット上で、「キューバに行ったら、絶対カサ・パルティクラルに泊まるのがオススメ!」とか書いてる方も多いですが、私個人的には、カサは誰にでもオススメできるものではないかな、と。

こう言ってしまうと、カサ・パルティクラルでの宿泊に不満があったのかと思われそうですが、別にそういうわけではありません。
宿泊したファミリーはとても優しく、おもしろく、滞在自体はとっても楽しかったです。
私たちが宿泊した施設は、家族が住む家の離れで、建物じたいも違ったので、プライベートもちゃんと確保できたし。

ただ、問題点もなかったわけではなく。というか、色々と問題があって・・・(^^ゞ
それらを書く前に、まず宿泊したお部屋の様子を写真でご紹介。


Casa Particular

お部屋への入り口。
ドアが2重になっていて、それぞれ鍵があるので、セキュリティはばっちり。
ただ、この鍵がものすご~く扱いにくくて、開けるのも閉めるのも一苦労。


Casa Particular

お部屋はこんな感じ。
セミダブルサイズのベッドが2台、エアコン完備。テレビはなし。


Casa Particular

冷蔵庫もありました。
トイレ・シャワーのエリアと部屋との境界はカーテン一枚。しかもそのカーテン、端まで閉まらない。
下手したら、シャワー浴びてる全裸姿が、お部屋のほうから見えてしまうという・・・。


Casa Particular

バスタブはなくて、シャワーのみ。
シャワーとトイレの間にカーテンがなく、最初びっくりしました。


Casa Particular

朝食は、メニューの中から選べるようになっていて、頼むと好きなものを作ってもらえました。この日はパンとオムレツとコーヒー。


Casa Particular

別の日に頼んだフルーツ盛り合わせと、チーズを挟んで焼いたパン。


カサでの宿泊で困ったのが、まずゴキブリが出たこと。
湿度と気温が高いキューバには、どうやらゴキブリがいるようで、それはまぁ仕方ない。
でも、部屋の中にでっかいのが出現したときは、泣きそうになりました。
ファミリーの方にお願いして退治してもらったので良かったけど、その翌日も夜、お部屋の外でもう一匹見かけて、部屋に侵入してこないかドキドキ。

それから、滞在3日目に夕方ぐらいから大雨が一時的に降ったのだけど、その後から謎の水漏れ。お部屋の一部、床がビショビショに。
天井から雨漏りしているのではなく、どうやら床から水が染み出しているようでした。
ファミリーの方にお願いして綺麗に掃除してもらったんだけど、ゴキブリ出現に続いての床ビショビショ事件により、なんだか落ち着かない夜が続きました。

あとは、設備の問題ですね。
便器の一部は割れてたり、欠けてたり。トイレの流れも悪かったり。
それに、シャワーの利用もかなりきつかったです。今まで色んな発展途上国での宿泊経験があるけれど、ここまでお湯(水)の出が悪かったのは初めて。
もう本当に、チョロチョロって程度しか出ませんでした。

トイレットペーパーは2つ置いてあったけれど、その他のアメニティは全くなし。
手洗い用の石鹸すら置いてありません。
でも、物資が満足にないキューバでは、カサ・パルティクラルでの宿泊の場合これが当たり前なんでしょうね。
そこら辺は、日本から用意していけば特に問題ないかと思います。

朝食は質素ながらもおいしくいただけたけれど、朝早くから行動したい人は、ちょっと注意が必要かも。
朝8時過ぎにダイニングに行っても、まだファミリーがいない。
やっと出てきて、のんび~り作ってくれて、朝食を食べ終わって出発するまでに、1時間以上は見ておかないと。

というわけで、キューバ人の生活を間近で見て感じて、というのには、カサ・パルティクラルでの宿泊はすごくいいです。
普段せかせかしている私たち日本人が、キューバタイムでのんび~り、小さいことは気にしない!という気持ちに切り替えができれば、楽しく過ごせるのかなと。

でも、そこそこ快適に・・・と思ったら、もしかしたらホテルのほうがいいのかも。
まぁ、カサ・パルティクラルもたくさんあるので、施設によってはホテル並みに整っているところもあるかもしれませんが。

宿泊費としては、2人で4泊して、日本円にして全部で約17,000円の支払いだったので、1人1泊2,000円ちょっとでした。


follow us in feedly
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA