ハバナ散策PART2-フエルサ要塞~アルマス広場~サンフランシスコ広場~ビエハ広場~サンホセ民芸品市場

[記事公開日]2014年12月9日
LINEで送る
Pocket

ハバナ観光ハバナ旧市街散策の後半です。これから書くのは、ハバナ湾に面した、歴史を感じるエリアをお散歩したときの様子。

ところで、今回旅行した地は「ハバナ旧市街とその要塞群」として、1982年にユネスコの世界遺産に登録されています。
そんな世界遺産の中で暮らすハバナの人々。下町の雰囲気が漂うオールド・ハバナの街歩きは、とても刺激的で魅力を感じます。

フエルサ要塞


ハバナ大聖堂から、ハバナ湾の方向に少し歩くと見えてくるのが、フエルサ要塞。

フエルサ要塞

要塞都市ハバナには、4つの大きな要塞があるけれど、ここはその中の一つ。
中には入りませんでした。


アルマス広場


フエルサ要塞のすぐ隣りにある、観光客に人気のアルマス広場。

ハバナ青空古本市

この広場では、お天気の良い日には古本市が開かれています。
主に観光客向けの青空古本市で、そのお店の数たるや驚き。
チェ・ゲバラをはじめキューバ革命で活躍した英雄たちの本やポスター、グッズなどが売られています。


ハバナ青空古本市

英語で書かれた本もたくさんあります。
気軽に手に取れるし、ブラブラ見て歩くだけでも楽しい。


サンフランシスコ広場


アルマス広場から南のほうに少し歩くと、サンフランシスコ広場に着きます。

サンフランシスコ広場

この辺りもすごく雰囲気が良くて、ランチをしたLa Marinaというレストランも、この広場の近くにありました。
食事の様子はこちらにまとめてます。


サンフランシスコ・デ・アシス教会

サンフランシスコ・デ・アシス教会。
旧市街には、このような廃墟っぽい色合いの建物が多いけど、何とも言えない味がありますよね。


ビエハ広場

少し歩くと、ビエハ広場に到着です。


ビエハ広場

この広場は、明るく開放的で、まるでスペインのどっかの町の広場みたい。


ビエハ広場

レストランやカフェがあります。
カフェ・エル・エスコリアル(Cafe el Escorial)という、おいしいコーヒーで有名なカフェもあります。
コーヒー豆があったら買おうかと思って立ち寄ったんだけど、この日は残念ながら既に売れ切れてたみたい。


ビエハ地区

ビエハ広場の周辺では、地元の人たちの生活が垣間見れました。
ハバナの他のところでは一度も見かけなかったのに、この広場ではお金をねだる地元の子供がいたりして。
ここだけはちょっと、独特の雰囲気がありましたね。


サンホセ民芸品市場

雨が降りだしてきたので、タクシーでサンホセ民芸品市場に行きました。
ここは、倉庫みたいな建物の中にある市場です。


サンホセ民芸品市場

観光客向けのお土産ショップがたくさん集まっていて、中に両替所や簡易カフェのようなものもありました。
たくさんの絵が売られてたり、Tシャツや伝統工芸品、雑貨などのショップが何十という数ありました。

たくさんのお店があるにはあるんだけど、だいたい売っているものはどこも同じなので。
なぜか長居しちゃったけど、この手のモノに全く興味がない私には、少々たいくつな場所でした。

ハバナ散策Part3に続きます・・・
>> ハバナ散策PART3-革命博物館~モロ要塞~カバーニャ要塞~ゲバラ第一邸宅~キリスト像


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA