成田空港第3ターミナル開業!LCCで行く海外について調べてみた

[記事公開日]2015年4月9日
LINEで送る
Pocket

LCC昨日4/8にオープンした成田空港第3ターミナルは、LCC専用のローコストターミナル。
成田の他のターミナルに比べ、建築費は4割ほど安い、約150億円で建てられたそうです。

今後この第3ターミナルには新規LCCがどんどん参入し、価格競争などから今よりもっと安く飛行機に乗れる時代がやってくるでしょうね。

私も今月、さっそく第3ターミナルからバニラエアを利用して高雄に飛ぶ予定なので、新しいターミナルを探検するのが楽しみです。

ちなみに、建設コストを抑えるために、色んなものが簡素化されたり省略されたりしている第3ターミナルは、電車の駅もないし、駐車場もない。
第2ターミナルから移動するわけですが、ターミナル間の無料連絡バスが出ていて、移動時間は10分弱とのこと。
もし歩いていく場合は、15分ほどかかるそうなので、早め行動必須ですね。

ただ、バス会社各社が運行している空港バスだと、第3ターミナルまで乗り入れているのもあります。
私も今回は、東京駅八重洲口から乗れる「THEアクセス成田」という片道1,000円のバスを利用して、第3ターミナルまで行く予定です。

LCCは、運賃が安いことはもちろん、施設使用料が成田空港第1,2ターミナルと比べると、国際線の場合は約半額。第1,2ターミナル:2,090円、第3ターミナル:1,020円。
預け荷物も別料金なので、荷物を減らして手荷物だけで行ければ、海外もかなり安く旅行できますよ~。

LCC国際線就航地


個人的には、羽田からの直行便がまだない釜山や高雄、オーストラリア各地については、LCC利用の価値アリ!と思ってます。

●ソウル
チェジュ航空:成田発、大阪発、名古屋発
イースター航空:成田発、大阪発
ティーウェイ:福岡発
ピーチ:大阪発
ジンエアー:大阪発、福岡発

●プサン
エアプサン:成田発、大阪発、福岡発

●台北
スクート:成田発
ピーチ:大阪発
ジェットスター:大阪発
バニラエア:成田発
タイガーエア台湾:成田発

●高雄
バニラエア:成田発

●香港
バニラエア:成田発
香港エクスプレス:羽田発
ジェットスタージャパン:大阪発

●バンコク
タイエアアジアX:成田発、大阪発

●クアラルンプール
エアアジアX:成田発、羽田発、大阪発

●シンガポール
スクート:成田発

●ケアンズ
ジェットスター:成田発、大阪発

●メルボルン
ジェットスター:成田発

●ゴールドコースト
ジェットスター:成田発

LCC国際線ついては、こちらのページによくまとまっていましたので、参考にさせてもらいました。


follow us in feedly
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA