ユナイテッド航空のマイルをANA国内線の特典旅行に使うのはお得!

[記事公開日]2015年6月12日
LINEで送る
Pocket

ユナイテッド航空マイレージ特典の改悪はよくあるけれど、今回はその逆でとっても嬉しいニュース!
ユナイテッド航空マイレージプラスは、提携パートナーである日本国内線ANAの特典旅行に必要なマイルを大幅に引き下げることを発表しました。

既に2015年6月2日分より、往復10,000マイル~(片道5,000マイル~)で予約できるように変更となっています。

ユナイテッド航空マイレージプラス日本国内線特典旅行必要マイル変更点


2015年6月2日より、以下のマイレージプラスマイルでANA国内線特典旅行に引き換えできるようになっています。

– 飛行距離が800マイル以下の区間 : 往復10,000マイル(片道5,000マイル)
– 飛行距離が801マイル以上の区間 : 往復16,000マイル(片道8,000マイル)


従来より半分のマイルで特典が利用できるようになっています。
東京から出発だと、800マイルを超える区間というのは沖縄だけなので、実質ほとんどのフライトは往復10,000マイルで特典旅行券に交換可能。これはお得!

例えば、ANAのマイレージを利用して国内線特典旅行(例えば羽田-札幌)を利用するには、レギュラーシーズンだと15,000マイルが必要。
JALも同様で、ディスカウントマイルの対象期間でなければ、羽田-札幌の往復には15,000マイル必要です。
それが、UAだと10,000マイルなので、相当お得なわけですね。

ユナイテッド航空のマイレージプラスは、昨年の2月に大改悪があり、ANA国内線特典旅行に必要なマイルが12,000⇒20,000マイルへと、一気に8,000マイルもUPしてしまいました。
そして今回、今度はなぜか一気に10,000マイルへと、半分に大幅引き下げ。

私は前回の改悪を機に、UAのマイルを積極的に貯めるのはやめて、JALのほうに徐々にシフトしていました。
でも、今回の改善により、またUAで貯めてやろうか!って気になってます。

私は今のところ、昔に貯めたUAのマイルが90,000マイルほどあるので、今回の必要マイル引き下げにより、タダで9回も国内旅行ができてしまうことになります。うふふ♪


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA