8/8就航開始するLCCピーチ羽田-台北線の使い勝手を考えてみた

[記事公開日]2015年7月22日
LINEで送る
Pocket

ピーチ・アビエーション格安航空会社Peach(ピーチ・アヴィエーション)が、日系LCCでは初めて羽田への乗り入れを開始、2015年8月8日より東京(羽田)- 台北(桃園)線を就航することになりました。

今年の4月に、成田空港にLCC専用ターミナルができて話題になったばかりなのに、えっ羽田!?って思ったのは私だけ?
世界屈指の混雑空港である羽田に、よくLCCが乗り入れできたなぁと不思議に思いつつも、大好きな台北へ飛ぶ選択肢が増えたのは嬉しいことなので、さっそく使えそうかどうかを検証してみます。


Peach 東京(羽田)- 台北(桃園)線のフライトについて


現時点では、週6便での運航が決まっているようです。
フライト詳細は以下のとおり。

◆MM1029
 出発 05:55 東京(羽田)
 到着 08:30 台北(桃園)

◆MM1028
 出発 00:30 台北(桃園)
 到着 04:45 東京(羽田)


料金について


試しにPeachのサイトにて、9月の平日出発を仮定して試算してみました。
受託手荷物料を含まず座席指定もできない「ハッピーピーチ」だと、片道7,680円~。
20kgまでの受託手荷物が1個無料+座席指定が無料の「ハッピーピーチプラス」だと、片道11,980円~。
これに、税金+空港使用料(行き:2,670円、帰り:2,070円)が加わります。
往復の総額は・・・

ハッピーピーチ   :20,100円
ハッピーピーチプラス:28,700円


となるようです。
ただし、LCCの運賃は残席数によって変動するので、上記は一番安かった場合の計算です。


使い勝手はいかに・・・?


まず気になるのが、出発便の時間ですね。
早朝5:55発ということは、遅くとも5:00頃には空港到着していないといけません。
となると、よっぽど空港の近所に住んでいる人でない限り、足がありませんよね。
空港近くで前泊すると考えて探してみたところ、一番お手軽に泊まれそうなのが
天然温泉 平和島」でした。
ここは、早朝便に乗る旅行者へのサービスとして、空港ターミナルまでの送迎バスを提供しているので便利です。
入館料+深夜料+館内着+タオル付きで、3,500円というプランがあるみたい。

そして、もう一つ気になるのが、台北の到着空港。
台北市内へのアクセスが良い松山空港ではなく、ちょっと遠い桃園空港です。
一方、レガシーキャリアの羽田発台北行きは、ほとんどが松山空港に到着します。
両方の空港を使ったことがある人なら分かると思いますが、松山空港のほうが圧倒的に便利なので、ここはマイナスポイントですね~。

受託手荷物がある場合は、一番安い料金で予約できた場合でも、往復28,700円。
これに、前泊料金の最低3,500円が追加。
さらには、桃園空港から市内への移動時間が余計に必要。

例えば、エバー航空の羽田-台北(松山空港)便だと、フライトスケジュールが良い便でも、時期によっては全込み4万円台があるので、まぁ微妙ですねー。
少しの値段の違いだったら、レガシーのほうを選んじゃうかな?

でも、弾丸旅行をするには、逆にPeachのフライトスケジュールはいいですね。
なんせ、朝の8:30に台北に着いちゃうんだから。
例えば、金曜日の仕事終わりにそのまま空港近くのホテルへ、前泊して翌朝早くから台北でがっつり遊んで土日を過ごし、月曜日の早朝に帰国、そのまま会社へ、なんてのもアリ。
受託手荷物もなければ、料金も安いしね!
相当きついスケジュールだけど、会社の人にバレずに海外旅行できちゃう(笑)


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA