機内でのお肌乾燥対策と美容アイテム

[記事公開日]2013年1月20日
LINEで送る
Pocket

機内の湿度は、上空では5~15%になると言われており、これは砂漠と同じぐらいの湿度だそうです。

そんな状況の中で、ロングフライトの場合は10時間以上も過ごすわけですね。恐怖!

機内では皆さん(特に女性は)色んな方法で乾燥対策をされてるようです。

昔は、搭乗前に化粧を落とし、現地に到着する前にまたフルメイクし、という感じで頑張っていましたが、最近の私のスタイルはこうです。

自宅を出る前に普段より念入りにスキンケアし、最後クリームやオイルでしっかり保湿。

ファンデーション等は塗らず、アイメイクだけ一応軽くして、大きめのマスクをして出発。

機内で眠れるように、搭乗前に酔い止めを飲む。

搭乗してひととおり機内サービスが終わったら、リップや保湿クリームで口元の保湿ケアをしてマスク着用、目元には目元専用パックを貼り、その上からホットアイマスクをして、ただひたすら眠る。

アイマスクと普通のマスクで、ほぼ顔全体が隠れた状態になります。
ホットアイマスクは、10分ぐらい温かさが持続しますが、その間にだいたい寝落ちます。

最近は夜便で飛び立つことが多いので上記のパターンですが、午前発便で機内は起きていたほうがいい時には、酔い止めは飲まず、マスクだけしてひたすら映画を観ています。

あと、のどの乾燥対策で絶対に忘れてはいけないのがこれ↓



のど用のスプレー。
海外では気軽に手に入らないので、必ず日本から持参します。

そして、機内では目が覚めた都度、こまめにお水かジュースを飲むようにします。
アルコール類、コーヒー、紅茶は、利尿作用があるので極力飲まない。
極度の乾燥状態の中で、当然体内の水分もどんどん蒸発してるはずなので、トイレに立つのが嫌だからといって水分を取らないのはよくない気がします。

ちなみに、むくみ対策で気に入ってるのが、これ↓



ドクターショール フライトソックス

着圧の靴下は航空会社も薦めているぐらいで、血流を良くして血栓ができるのを防ぐ効果もあるそうです。
何よりこれを履いてると飛行機を降りたときにむくんでないし、足の疲れがまったく違います。

行きは特に、これから始まる旅行で、綺麗なお顔で写真に写らないといけませんから、フライトで疲れないことが最優先。
映画を観たい気持ちも、ゲームをしたい気持ちも、本を読みたい気持ちも抑えて、とにかく寝る!


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA