JAL成田発ヘルシンキ経由バルト三国周遊

[記事公開日]2015年8月18日
LINEで送る
Pocket

JAL10月に一週間の連休が取れそうなので、エストニア・ラトビア・リトアニアのバルト三国を周遊する旅を計画しました。

ヨーロッパは日が長い夏がベストシーズンと一般的には言われてるけど、私は10~11月の中途半端な時期のヨーロッパもわりと好き。それに、バルト三国は歴史背景からしても旧ソ連の構成国ということで、何となく秋冬の落ちついたトーンのイメージがあり、今回あえての選択です。

既に先ほど、エアーを予約しました。
2ヶ月前に手配するなんて、私たちにしてはかなり早め、優秀です。

日本航空の便(一部フライトはフィンエアーとflybeのコードシェア)で、成田発ヘルシンキ経由でリトアニアのヴィリニュスに入り、途中は陸路移動して、帰りはエストニアのタリンからヘルシンキ経由で成田へ戻るオープンジョーで組んでみました。

JALのサイトで直接予約し、約12万5千円。
内訳は、運賃が9万円で、燃料費含むその他で3万5千円。
もうちょっと安い便もあったけど、現地でも動きやすい時間帯の便を選んだので、ちょっと高くなりました。
ダイナミックセイバー7のタイプE、予約クラスがVのチケットなので、マイルは多分50%の加算になると思うけど、まぁ良いでしょう。

JAL日本航空 JMB入会

昨年のクロアチア&スロベニア旅行で利用したターキッシュエアラインズでも、イスタンブール経由でバルト三国へのアクセスは可能。
念のため調べてみたら、総額8万円という嘘みたいな金額で売り出されてました。安っ!
往路に成田発の夜便を利用すれば仕事帰りにそのまま行けるし、前回のようにトランジットタイムにまたイスタンブールで遊べるし、アリかも?って、一瞬考えたんだけどね・・・。
でも、今ちょうどトルコは治安も微妙だし、ヘルシンキ経由は最短アクセスで楽だしということで、こっちに決めました。

JALのヨーロッパ方面へのフライトだと、到着前の機内食、AIRシリーズが何気に楽しみ。
スープストックトーキョーは2回ほどいただいたので、次は他のも食べてみたいなぁ。
ちなみに、今月はAIRモスバーガーみたいです。


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA