リトアニア-ヴィリニュスの街歩きPart2-ウジュピス共和国~教会群~ヴィリニュス大学

[記事公開日]
LINEで送る
Pocket

ヴィリニュス街歩き旧市庁舎広場から、お散歩の続き。

雨は相変わらず降ったり止んだりという状態で、折りたたみ傘で対応しつつ一眼レフで写真を撮ってたんだけど、途中からそれもしんどくなり、コンデジ撮影に切替えました。
風さえなければ雨の街歩きも嫌いじゃなく、濡れる石畳の小道や木々は、逆に雰囲気あっていいんだけど、やっぱりカメラの水濡れは気になるしね。

旧市庁舎から北に向かって歩きます。


ヴィリニュス街歩き

絵になる小道。


ヴィリニュス聖ニコラス正教会

聖ニコラス正教会。
フィガロ ヴォヤージュにも、この教会の写真載ってました。
ピンク色で可愛い。


ヴィリニュス街歩き

ヨーロッパの街並みには、黄葉が似合うね~。


ヴィリニュス街歩き

利用しなかったけど、レンタサイクルのポートが何箇所かにありました。
旅行する外国人でも簡単に利用できるのかな?
ヴィリニュスの旧市街は、歩いて周れるとはいえ結構な広さがあるから、天気良ければレンタサイクルもありかも。


ウジュピス

旧市街の東にある、ウジュピス地域に来ました。
写真にあるウジュピオ橋を渡った先が、ウジュピスです。
この地域、勝手に独立宣言をして「ウジュピス共和国」としちゃってるらしい。
毎年4/1は、ウジュピス共和国の独立記念日として橋に検問所が設けられ、パスポートがないと通れないとか?(エイプリルフールの嘘の話??)


ウジュピス

見つけたら幸せになるといわれる「ウジュピス人魚」
橋を渡ってるとき、川のほうをキョロキョロすると見つかります。


ウジュピス

かつては治安が悪いという評判だったらしい。
治安が悪い感じは全くしないけど、イイ感じに廃れてる通りや家があったりして。
その古臭さが、逆に雰囲気あっていいです。


ウジュピス

ウジュピオ通りにある、「ラッパを吹き鳴らす天使の像」
2002年の独立記念日(?)に除幕された記念碑らしい。


ウジュピス

ウジュピス

ウジュピスは、天使のモチーフがあちこちにあります。


ウジュピス

若い芸術家や学生が多く住む地域らしい。


ウジュピス

ウジュピスは、これといって大した見所もないので、あてもなくフラフラ歩いていたら、こんな細道を発見。
結局、この道をどんどん進んでいったら、次の目的地だった聖アンナ教会へ続く道に偶然出ました。
ウジュピス共和国の散策は、ここまで。


ヴィリニュス聖アンナ教会

赤レンガのゴシック様式が目を引く、聖アンナ教会。
その後ろに見えるのが、ベルナルディン教会。


ベルナルディン教会

バロック様式の祭壇がある、ベルナルディン教会の内部。


ヴィリニュス街歩き

ニットを着た可愛い木!
フィガロ ヴォヤージュに写真が載ってて、絶対に見てみたいと思ってた。
聖アンナ教会の通りを挟んですぐ向かいにあります。


ヴィリニュス街歩き

教会とコラボ。


ヴィリニュス聖ヨハネ教会の鐘楼

聖ヨハネ教会の鐘楼。
63mあって、旧市街で最も高い鐘楼だそうです。


ヴィリニュス大学

近くにあった「Forto Dvaras」というリトアニア料理のお店でランチをして、次に向かったのは、ヴィリニュス大学。


ヴィリニュス大学

異教時代の暮らしを描いた「四季」と題するフレスコ画が有名ってことで。
一応、見てきました。
中庭からどの建物に入れば何があるのかが全く分からず、結構迷いました。
しかも、大学に入るのに3ユーロも払った!
ここで時間を大幅にロスしたおかげで、お散歩の最後に悲劇が・・・。
その話は、また後ほど。

ヴィリニュスの街歩きPart3-大聖堂~ゲディミナス城~杉原千畝の碑
に続きます。


follow us in feedly
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA