エバー航空プレミアムローレルの機内食に小籠包

[記事公開日]2013年2月14日
LINEで送る
Pocket

以前の台北旅行の際のネタです。

成田-台北のエバー航空便、プレミアムローレルクラスで提供される、鼎秦豊のコース。

台北に着いてから鼎秦豊に行く予定だったし、わざわざ機内で食べなくても・・・って思ったけれど、小籠包が機内食としてどんな風に出てくるのか気になったので、いただいてみました。

その前に、エバー航空のビジネスクラスは、飲み物の種類がかなり多くてビックリ。


台湾の航空会社らしく、プーアル茶、高山烏龍茶などの中国茶が。


ソフトドリンクはまぁ普通だけど、illyのエスプレッソがありました。


お酒の種類はかなり充実。


そして、ワインセレクション。何かのコンテストで受賞したんですよね、確か。

続いて、お食事です。
鼎泰豐コースのメニューは、伝統的中華惣菜、鶏肉スープ、小籠包、デザート。


伝統的中華惣菜と鶏肉スープ。
鳥肉のスープがすごく美味しかったです。
スープが透きとおってて、レンゲの柄が見えるほど。


小籠包は、小さい蒸篭で出てきました。
中身は3つ。
やっぱりお店で食べるほうがおいしいけど、機内食で蒸篭が出てくるとちょっと感動しますよ。

洋食メニューのほうもかなりおいしそうでした。


オードブルと牛フィレ肉のグリル。


食後にデザート。
左が洋食コースの、フォションのアイスクリームとフルーツ。
右が鼎泰豐コースの、胡麻餡入りペストリー。

エバー航空のプレミアムローレルの機内食は、かなりハイレベルでした。
また乗りたい!


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA