成田発エミレーツ航空ドバイ-チュニス経由マルタ行き

[記事公開日]
LINEで送る
Pocket

Fly Emirates現在、日本からマルタ島へのフライトで人気なのが、トルコ航空のイスタンブール経由と、エミレーツ航空のドバイ&チュニス経由の乗り継ぎ便。

今回、当初はトルコ航空で行く予定だったけれど、トルコでのテロ騒ぎなどがあったので、直前でエミレーツ航空に変更しました。
フライト時間や乗り継ぎスケジュールなど、もろもろの点において、トルコ航空利用のほうが魅力的だったのだけど。

エミレーツ航空は、羽田深夜発もあるけれど、羽田発だとドバイ空港でのマルタ便乗り継ぎが時間的に間に合わないので、選択肢が成田発しかありませんでした。

成田からドバイとチュニスを経由してマルタ島へ


エミレーツ航空利用の場合、行きはかなりのロングフライトになります。
というのも、ドバイでの乗り継ぎ後、マルタまで直行するのではなく、チュニジアのチュニスに途中降機するから。
ドバイ⇒マルタは、直行すれば5時間半ほどのフライトなのに、チュニスを経由することで、9時間ぐらいかかるのです。
成田⇒ドバイが約10時間半、ドバイ⇒チュニス⇒マルタで約9時間、トータル20時間近くかかるという、過酷なフライト。
※以前はチュニスではなくキプロス経由でしたが、2016年3月からチュニスに変更になってます。

帰りは素直に、マルタ⇒ドバイ⇒成田のフライトで、乗り継ぎスケジュールもそれほど悪くないのですが・・・。とにかく、行きは地獄です。
しかも、チュニスでは機内待機(約1時間半)、外に出ることもできません!

エミレーツ航空マルタ便、公式サイトから購入で、往復約8万7千円でした。
ちなみにトルコ航空だと、往復約10万4千円と、エミレーツより少し高かったです。
トルコの治安問題などなければ、確実にトルコ航空利用のほうが良いと思います。
フライト時間が短く、現地に朝10時前に着けるのが最大の魅力。
エミレーツ航空利用だと、現地夕方着。短い旅程だとこの半日の差は大きい。

今回のフライトで、エミレーツのスカイワーズマイルが9,800マイル貯まりました。

モロッコ、ポルトガルの旅行に続いて、今回が3回目のエミレーツ便利用でしたが、サービスなど少し変わったな~という印象でした。その辺は、次回またレポートします。


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA