2013年JAL見学会その6-JAL国内線ファーストクラス紹介

[記事公開日]2013年2月22日
LINEで送る
Pocket

2つのラウンジを見て高級感を味わい、ファーストクラスの機内食をいただきながら幸福感に浸っていると、国内線ファーストクラスについての紹介が始まりました。

このタイミングで紹介するという、乗りたくなる心理をよくついたJAL見学会スタッフの策略。(笑)
さすがですね。

JAL国内線ファーストクラス、2013年2月現在の就航路線は、

東京(羽田) — 福岡、札幌(新千歳)、大阪(伊丹)、沖縄(那覇)

の4路線。

縦に長い日本列島とはいっても、一番距離が短い羽田-伊丹のフライト時間は、たった1時間15分ですよね?
新千歳や福岡が、1時間半ぐらいでしたっけ。
沖縄は、ちょっと遠くて3時間弱。

正直、国内線ファーストクラス導入って聞いたときには、わざわざ乗りたいかなぁ?って思いました。
当時はまだ沖縄路線が対象じゃなかったから、なおさらね。

ファーストクラスの快適シート


1席の専有スペースが普通席の約2.7倍の広さという、ファーストクラスのシート。



写真は、客室乗員部のVステーションに設置されていたもの。
実際に座らせてもらって座り心地を確認したんですが、ふっかふかですよ~。
クラスJの若干快適シートとは、全然違います。

国内線ファーストクラスのサービス


専用セキュリティレーン、ラウンジサービス、優先搭乗案内、手荷物の優先返却。
そして、前回の記事で紹介したような機内食に、シャンパンなどお酒のサービス。
国際線ビジネスクラスとほぼ同様、いやそれ以上のサービス、ってところですね。

さらに、区間マイルの50%が加算されるってことなので、JALマイルを貯めている人にとっては嬉しいです。

ファーストクラスに乗りたいとき


予約時にファーストクラスを選びたいときは、予約可能運賃のチケットを買う必要があります。JALビジネスきっぷなんかも、その対象らしいですよ。

普段クラスJを利用する方なら既にご存知かもしれませんが、“自腹機能”というのがあるんですね。
購入方法選択画面で「ファーストクラス・クラスJ料金を別にお支払い」を選ぶと、アップグレード分だけを別払いにできて(当日空港で別払い)、普通席分のみの領収書を発行してもらうこともできるんです。
これ、出張の時なんかは使えますよ。

あと、これは知らなかった。
当日空港で空席がある場合は、全ての運賃でプラス8,000円でアップグレードできるそうです。
安く航空券が買えたら、その浮いた分で片道だけちょっと贅沢して・・・なんて楽しみ方もできますね。
ただ、当日空港で空席がある場合のみ、ですからね。
これを狙いたい人は、早めに空港に行ったほうがいいのかも。

プラス8,000円を払って乗りたいかどうか


個人的な感想としては、路線によるかなって感じです。
やっぱりフライト時間が3時間ある、羽田-沖縄路線。
これだったら、利用したい。
でも、それ以外はどうだろう。

せっかくプラス8,000円払ったら、快適なシートでちょっと寝たり、お食事や飲み物も楽しみたい。
って思うと、短いフライトだと充分堪能できない気がして。
貧乏性ですいません。

でも、ラウンジ利用や機内食、そして諸々のプライオリティサービスを受けれることを考えると、ちょっと自分にご褒美したいときや、高齢の親を連れての旅行のときなんかは、利用できたらいいなと思います。

あと、呑兵衛の皆さんにはいいんじゃないですか?
ラウンジでも機内でも、酒酒酒。(笑)

国内線ファーストクラス、乗ってみたくなったぞ!という方は、色々とキャンペーンも実施しているようですので、JAL キャンペーン情報のチェックもお忘れなく。

JAL日本航空 先得

次回は、2013年夏ごろをめどに新しく生まれ変わるという、JALグループの新制服デザインについて書きたいと思います。

今回のイベントは、一般向けに実施されている整備工場見学とは見学内容が異なり、撮影制限の厳しいエリアに特別に入らせていただいております。
ブログの写真については、イベント主催者からの許可をいただいた上で撮影&掲載しております。
記事および写真の無断掲載はご遠慮ください。


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA