海外一人旅!女性のおひとりさま旅におすすめの国

[記事公開日]2013年3月1日
LINEで送る
Pocket

「おひとりさま」という言葉が流行り始めてから、海外を一人旅するたくましい女性も以前に比べてだいぶ増えてきたように思います。

私が一人旅を頻繁にするようになってからはもう12~3年ほど経ちますが、当時は一人で海外旅行するというと、「え?大丈夫なの?」ってよく心配されたものです。

最近は、一人旅をしていても、常にFacebookやTwitterなどのSNSでいつでもどこでも誰かと繋がることができ、旅先の感動をネットを通じてオンタイムで分かち合えたりもするので、以前に比べたら「一人ぼっち感」はなくなってきてる気がします。
IT技術の進化、本当にありがたい。

このブログにアクセスいただく検索ワードを見てみると、「一人旅、女性、海外、はじめて」などのキーワードが結構あるんです。

なので、今日は今まで旅行した中で、比較的はじめて海外を一人旅する人にもおすすめできる国を紹介したいなと思います。



ヨーロッパは比較的、一人旅しやすい


何を目的にする一人旅なのかによっても違ってくると思いますが、普通の観光旅行であれば、ヨーロッパ、特に中央~西ヨーロッパは、どの国もわりと女性が一人旅しやすいと思います。

中でも、ベルギーはおすすめですね。
どの街も落ち着いた雰囲気で、観光スポットもあるから適度にツーリストもいて。
美食の国なので、カフェや一人で気軽に入れるレストランも数多くあります。
メジャーな都市間の移動も電車一本なので楽。

他には、ドイツなんかも鉄道や地下鉄が発達しているし、わりと安く泊まれる宿も多くていいですね。

逆に、ヨーロッパの中で一人旅しにくかったのは、スイス。
物価がやたら高いのと、スイス最大の魅力である山のほうは交通手段も限られてくるので、何人かで車でもシェアできたほうが楽だったかなと思いました。


アジアだったら・・・


日本語がよく通じる台湾はおすすめ。
台北市内であれば、地下鉄で自由に動き回れます。
近場に夕景スポットや温泉もあるし、お茶文化なども楽しむことができます。
食事も、夜市やフードコートなどがあるので、一人ごはんもしやすいです。
最近は、台北や高雄へ、LCCでも日本からの直行便が多くあるので、リーズナブルな旅も可能ですね。

リゾート地への一人旅だったら、バリ島がおすすめ。
グアムやハワイのようなリゾート地とは違い、一人でプールサイドでのんびり一日過ごせるような隠れ家的なホテルも多くあって、また物価も安いので贅沢な気分が味わえるのもいいです。


アメリカは車があれば


アメリカの一人旅は、N.Yのような大都市を除いたら、車が必要ですかね。
私はアメリカの西側には何度か行っていますが、いずれも行き帰りは一人でも、現地では知人の車で周ってもらいました。
その時、ここは車がないと辛いな・・・と思いましたね。


食事の問題


一人旅で一番キモとなるのが食事です。

どこの国でも、ビジネスマンやOLが入るような食堂やカフェは、わりと一人でも入りやすいのでおすすめ。
あと、セットメニューが充実しているフードコートもいいです。

ヨーロッパ旅行中は、よくデパートの中に入っているレストランも利用しました。
食べたいものをお皿に自分で取って、その重さでお会計というシステムのレストランがあるので、そういう場合は会話も最小限で済むので楽ですよ。

あとは、テイクアウトしてホテルの部屋で食べる、という人もいるみたいですね。
私は、ホテルの部屋で一人で食事っていうのは、あまり好きではないですが。
でも、公園など景色の良い場所で、人間ウォッチングしながらテイクアウトしたものを食べたり、なんてことはよくします。

たまには、小綺麗なレストランでおいしい食事がしたいな、って思うことも。
そういう時は、まず目星をつけたレストランの前で、メニューを見るなどしてフラフラしてみる。
そして、店の人が出てきて、愛想よくどうぞって言ってくれるお店だったら入る。
特に欧米なんかでは、店側が客層を選ぶところもあり、自分が歓迎されるかどうかはファーストコンタクトでだいたい分かりますね。
あえて居心地が悪くなるようなところに入らないよう、レストラン選びは慎重に。


一人旅を楽しめるかどうか


最近でこそ二人旅が増えてますが、20代の頃はもう旅行といったら、特に海外旅行は、一人で行くのがほとんどでした。

よく「一人で寂しくないの?」って聞かれるんだけど、私は普段から一人でいるときも孤独を感じるってことが少ないので、一人旅が寂しいと感じたことはないです。
でも、寂しがりやさんや、人見知りの人だと、海外一人旅はちょっとキツイかもしれないですね。

一人旅していると、同じように一人旅してる人が結構寄ってきます。
若い頃はよくユースホステルも利用していましたが、ユースに泊まるとだいたい一人や二人、お友達はできるものです。

現地のツアーに一人参加する人もいますが、私はあれって逆に孤独を感じないかな?と思ってしまうんですね。
「もともと一人」か「みんなの中の一人」の違い。
家族連れやカップルの団体に、一人ぽつーんってのが、どうにも居心地悪そうに思うんですが、実際どうなんでしょうか。
現地ツアーは移動などの点では確かに楽なので、一人参加を試してみたい気持ちはあるんですけどね。
でも、昔と違って今は一人旅する人が圧倒的に増えているし、もしかしたらそういうツアーの中で一人旅どおしの出会いなんかもあったりして、楽しいのかもしれませんね。

最近は、一人参加限定のツアーなんかもあるようです。
おひとり参加限定ツアーを取り扱っているのは、阪急交通社クラブツーリズム
観光や食事は大勢だけど、部屋は一人でプライベートの空間もちゃんとあるというもの。
完全な一人旅に抵抗がある人は、こういったツアーに参加するのもいいのかも。
ただ、「煩わしさから完全に解放されて、自由に好き勝手できる」という一人旅の最大の魅力は少し減ってしまいそうですが。

あとは、昨今の一人旅したいニーズの増加に伴い、大手旅行会社でも航空券+ホテルに、送迎や旅先でのコンシェルジュ機能をつけたパッケージも販売しています。
※旅先コンシェルジュ付き旅行:H.I.S.の自由旅行

個人手配にあまり時間をかけれない、ある程度は旅行会社におまかせしたいという人なら、海外旅行プラン一括依頼サイトなんかを利用してみるのもいいかも。
1回の問合せで複数の旅行会社に要望が伝わり、希望にあった一人旅のプランを無料で作ってもらえるので、情報収集や事前準備が楽にできますよ。


[2015.7.9 Updated]
地球の歩き方より、一人旅する女性向けの海外旅行ガイドが発売されています!

海外女子ひとり旅☆パーフェクトガイド 2016(地球の歩き方ムック)
ダイヤモンド・ビッグ社 (2015-07-09)
売り上げランキング: 1,505

楽しそうなムック本です!


昔、台湾で出会ったおじさんに、「B型の人は、一人の時間を楽しめるんだよ」って言われたことがあります。
それって、本当なのかどうなのか。
私はB型だから当たってるけど、他のB型の皆さんはどうでしょう?(^^)

∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽
           私流おひとりさま旅行メモ
∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽

1. 旅の準備は計画的に、1~2ヶ月前から開始!
一人旅はとても自由。でも自由と無計画は違う。
行き当たりばったりの旅は、一人旅が少し慣れてきてからがいいかも。
意外と時間を持て余したり、ムダな行動をしてしまいがちなので。
せっかくの一人旅の時間を満喫できるように、行きたいところ、やりたいこと、食べたいもの、買いたいもの、ひととおりリストアップしていくのがオススメ。

2. 短い旅なら、宿泊の手配も事前に日本で!
1ヶ月とか長期の旅行であれば、宿の手配は現地に着いてからでOK。
でも、1~2週間の短い旅行だったら事前に日本で予約してったほうが、時間節約にもなるし安心。
私がホテル予約でいつも利用しているのは、Booking.comエクスペディアHotels.comの3つのどれか、割引クーポンなど入手できて一番安くなるところで予約しています。
この3つなら世界中で知名度があるし、スマホアプリも利用できるので便利。
メジャーな都市に限りますが、じゃらんnetでも海外ホテル予約を扱っています。
ポイントが貯まるし安いので、一応チェックしてみるといいかも。

[注目!] 航空券やホテル予約に使える割引クーポンやキャンペーンの情報は、
最新版!いま使える旅行関連の割引&クーポン情報 の記事に随時UPしてます。

航空券購入については、最近は航空会社が直接売る正規割引運賃が安いので、航空会社のサイトでWeb予約・購入・座席指定まで一気にしてしまい、前日にWebチェックインをして出発、ということが多いです。
以前は、旅行代理店で購入するいわゆる「格安航空券」が最安という時代もありましたが、最近の航空券事情は変わってきています。

シンプルな往復でホテルも同じ場所に連泊という場合には、H.I.S.DeNAトラベルで、「航空券+ホテル」のセットを買うこともあります。
この2社は、格安航空券全盛期にも航空券販売には定評がありましたが、今もそれを引き継いでおり、取扱いエアラインも多く、時期によっては割安なチケットが手に入ります。
また最近の傾向としては、「航空券+ホテル+α」といったダイナミックパッケージは割引率が高くなっていて、大手旅行会社の場合は手数料を入れても安い場合が多いし、何より手配が簡単です。

現地の公共交通手段(電車やバス等)は、ネットでの下調べは必須。
ただし、よほど人気の路線やオンシーズンでない限り、予約は現地に着いてからでも大丈夫。
細かな予定は現地で変わる可能性もあるので、全てガチガチに手配していくのは、ちょっと考えもの。
ただし、例えばヨーロッパの数カ国を周遊する場合などは、鉄道料金が割安になるレイルパスが日本にいる間に予約・入手できるので、現地での手配だと心配な人や、周遊日程が既にFIXしている場合には、事前手配もおすすめ。
※ヨーロッパ周遊鉄道パス:レイルヨーロッパ(日本語サイト)

3. 何かあった時に連絡が取れるようにしておく!
今の時代、旅先でもネットに繋がれる環境があると安心かも。
私は、東日本大震災が起こったときに海外にいて、日本に連絡を取ろうとしても、日本人ビジネスマンが多く宿泊しているホテルだったため電話回線が全く繋がらず。ネットも繋がらない状態になってしまい、持っていたiPod Touchを街なかのWiFiが繋がるカフェに持ち込み、Skypeを使って日本の家族に電話をし、やっと安全の確認ができたという経験をしました。
そんなことがあって以降、ひとり旅のときは必ず海外で利用できるWiFiルータ等をレンタルしたり、現地でSIMを調達するなどして、何かしら通信手段を確保してます。
あと、パスポートのコピーや、クレジットカード会社の連絡先や付帯保険のガイドブックなども、いつも持っていきます。
1冊のクリアケースにまとめて、常にスーツケースに入れっぱなし。

そのほか、女性の一人旅に役立ちそうな記事について、リンクを貼っておきます。
↓↓↓ よろしければ参考にしてみてください。↓↓↓

一都市滞在でも充分楽しめる海外一人旅おすすめ都市
羽田深夜便を利用して仕事帰りに行ける海外
購入前に必ずチェックすべき!国際線航空券や海外ホテルのキャンセル料
海外女子旅の持ち物&パッキングのコツ
海外旅行保険の必要性
スマホの海外使用で高額請求を防ぐ方法
海外WiFiルータのレンタル
空港ラウンジが無料で使えるクレジットカード
クレジットカードの国際ブランドは何を選ぶべきか
機内でのお肌乾燥対策と美容アイテム



follow us in feedly
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA