江の島イルミネーションとウィンターチューリップ

[記事公開日]2017年1月11日
LINEで送る
Pocket

江の島イルミネーション本格的に寒くなってきましたね!
暑いより寒いほうが得意な私は、冬のほうが活動的になれるので、年が明けてから元気に動き回っております。

「関東三大イルミネーション」と言われているのが、栃木県の「あしかがフラワーパーク」、千葉県の「東京ドイツ村」、そして神奈川県の「江の島 湘南の宝石」の3つなんだそうです。
これ、「夜景サミット2012 in 長崎」で認定された冬期イルミネーションらしいんだけど、つい最近まで知らなかったー。

まさか、江の島のイルミネーションが、そんな高評価されてたとは。
地元民としては嬉しいですね。

2016/11/26~2017/2/19の期間、
湘南の宝石2016-2017 ~江の島を彩る光と色の祭典~
を開催中なので、さっそく行ってみました。


江の島夜景

夕暮れの江の島。


江の島夜景

江の島弁天橋からの眺め、ちょうど夕日が沈むタイミングで、綺麗でした。


江の島夜景

遠くに富士山。


江の島

江の島に上陸し、ライトアップ開始の17時まで時間があったので、のんきに名物タコせんべいの行列に並んでいたら、その間にすっかり辺りは真っ暗に。
タコせんべいを食べながら、徒歩で上っていきました。


江の島

この時期はまだ、江島神社への初詣客も多いだろうし、ある程度の混雑を予想して行ったんだけど、平日だったせいかそうでもなかったです。
駐車場も、江の島入口の近くが空いてたし、道路の渋滞もなく。
冬期のイルミネーションは、クリスマスとバレンタインデー近辺が一番混むんだとか。


江の島イルミネーション

江の島のイルミネーションは、一応サムエル・コッキング苑内がメインだけど、そこまでの道のりも、灯籠の光やライトアップされた木々、光の道などが続いていて、ずーっと素敵。


江の島サムエルコッキング苑

サムエル・コッキング苑。
入苑料は大人200円、もし江の島シーキャンドルに昇るなら、昇塔料300円が別途必要。


江の島イルミネーション

サムエル・コッキング苑を入ってすぐの広場では、今ちょうど2万株のウィンターチューリップが見られます。
昼間も綺麗だろうけど、夜はライトアップするので、幻想的でしたよ。


江の島イルミネーション

ウィンターチューリップが見れるのは、1月下旬頃まで。


江の島イルミネーション

江の島イルミネーション

江の島イルミネーション

サムエル・コッキング苑のイルミネーション。
いま流行りのプロジェクションマッピングとか、そういう派手なパフォーマンスはないけど、回遊しながら静かに夜景とイルミネーションを楽しめるので、いいと思います。
個人的には、こういう落ち着いたやつが好きですね~。


江の島イルミネーション

江の島イルミネーションというと、よく使われる写真のアングルが、これですね。
シンボルの江の島シーキャンドル(展望灯台)、綺麗でした。


江の島イルミネーション

真下から見ると、この迫力。
ちなみに、この展望灯台には一度も昇ったことがありません。


江の島イルミネーション

シーキャンドルの手前にある「湘南シャンデリア~煌めく光のトンネル」。
6万個のクリスタルビーズと流木を使用した全長10mの光のトンネル、綺麗でした。


江の島イルミネーション

噂によると、やっぱり土日は混むようなんで、平日の夜が狙い目かも?

今年は、相模湖イルミリオンか、御殿場の時之栖(ときのすみか)にでも行ってみようか?って言ってたんだけど、近場で充分楽しめちゃったから、もう他はいいかな(笑)

冬の江の島の夜は、特に風が強い日なんかは超寒いですので、もし行かれる方は防寒対策しっかりね!



follow us in feedly
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA