箱根湯本「花紋」の日帰り温泉&松花堂弁当ランチ

[記事公開日]2017年1月19日
LINEで送る
Pocket

箱根湯本-花紋久しぶりに、箱根に行ってきました。
平日休みに母を誘って、電車で箱根の玄関口、箱根湯本へ。
寒くなってくると、温泉に入りたくなりますね~。

箱根って温泉地がいくつかあるけど、箱根湯本は古い歴史を持つ温泉地で、源泉の数でいうと箱根最多らしいですよ。
都心からのアクセスも便利で、新宿から箱根湯本まではロマンスカーで直通、1時間半。

JR東海道線で小田原まで出て、そこから箱根登山電車でアクセスする方法もあります。
今回は、その方法で行きました。小田原-箱根湯本の乗車時間は、14分程度。

箱根湯本


今まで、箱根の温泉に行くときはだいたい宿泊してたけど、今回は日帰りで。
こちらの宿でお世話になりました。
 ↓↓↓
箱根湯本 10種の源泉湯めぐりと創作懐石 花紋


箱根湯本-花紋

箱根湯本-花紋

スタンダードなプランでも、1泊1人3万円以上はする高級なお宿だけど、日帰り温泉プランも充実してて、今回利用したのは、ランチに松花堂弁当がついた5,724円/人のプラン。

じゃらん遊び・体験予約クーポンの「10,000円以上の遊び体験予約で使える3,500円OFFクーポン」と、元々持っていたポイントを使ったりして、1人約3,600円でした。

日帰りプランの内容としては、10:30~17:00の間は自由に温泉とお休み処(大広間)の利用が可能、浴衣+アメニティセット(バスタオル、タオル、くし、ボディスポンジ、歯ブラシ)付き、そしてランチ。

浴場には、シャンプーやコンディショナー、ボディソープ、石鹸、洗顔料などが置いてあり、脱衣所には、各種ヘアケア製品(スタイリングフォームやワックスまで)やメイク落としがあり、手ぶらで行ってもなんら困ることはなさそうでした。

ちなみに、ランチやアメニティなどが付かない、シンプルな入浴のみだと、1,800円。
でも、その場合タオル類は別料金(バスタオル:500円、フェイスタオル:300円)です。


箱根湯本-花紋

行きは、箱根湯本駅から旅館組合のシャトルバス(Bコース:100円)を利用したけど、帰りは宿の車で駅まで送ってくれました。こんなレトロな車で。
駅から歩いても、15~20分で行ける距離だと思います。



[画像提供:一休.com]

大浴場、露天風呂のほか、うたせ湯、寝湯、洞窟風呂、桶風呂、サウナ、水風呂、箱蒸風呂、つぼ風呂と、10種類のお風呂がありました。



[画像提供:一休.com]

写真左の箱蒸風呂が、すごく気に入りました。
箱から顔だけ出る結構まぬけなスタイルになるけど、お湯に入らないのに温泉の蒸気で体中が温まって、最高。


箱根湯本-花紋

お休み処の大広間。平日は、日帰り温泉利用者も少ないのか、ほとんど貸切り状態でした。
温泉のほうも、宿泊者がチェックインされた14時過ぎから急に人が増えたけど、それまでは2~3組しかいなくて、しかも10種類もお風呂があるから、他の人と一緒に入浴ってことは一度もなく、とても快適でした。


箱根湯本-花紋

ランチは、半個室のようなお食事処で。
松花堂弁当、思ったよりずっと豪華だった!


箱根湯本-花紋-松花堂弁当

松花堂弁当のアップ。
お刺身や白身魚のしんじょなど。


箱根湯本-花紋-松花堂弁当

焼き物や揚げ物など。


箱根湯本-花紋-松花堂弁当

小さい鍋物までついてました。
豚肉の下に、たっぷりのネギ、ポン酢につけて。


箱根湯本-花紋-松花堂弁当

ご飯は、白いご飯と鮭ご飯が選べるということで、鮭ご飯にしました。
これ、すごく美味しかった。


箱根湯本-花紋-松花堂弁当

デザートのキャラメルプリン。(コーヒーは別に注文しました)


箱根湯本-花紋-松花堂弁当

最後に、ほうじ茶とおまんじゅう。


箱根湯本-花紋

お食事処からは、こんな自然の風景が。とっても癒されました。

結局、11:00~15:00まで館内で過ごして、ランチを挟んで2回、たっぷり温泉に入ってきました。私たちは利用しなかったけど、足湯もありましたよ。

20~40代ぐらいの女性の一人客が、多かったように思います。
自分のペースで過ごしたい温泉は、一人で行くのもいいですよね。


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA