出雲駅前の便利ホテル「ツインリーブスホテル出雲」

[記事公開日]2017年5月14日
LINEで送る
Pocket

島根県って、地図で見ると横に長い。
県庁所在地である松江は、出雲空港からでも、お隣り鳥取県の米子空港からでも、時間的には大差なくアクセスできるようなので、島根県をぐるっと一周するのであれば、例えば米子空港イン、出雲空港アウト、とかにしたほうが、もしかすると効率よく周れるかもしれませんね。

今回、松江と出雲どちらに宿をとるか迷ったんだけど、出雲大社に朝一で行きたいなと思ったので、出雲のホテルを選びました。


泊まったのは、JR出雲市駅のすぐ横にある ツインリーブスホテル出雲

電鉄やホテル、百貨店など、島根県で様々な事業を展開する「一畑グループ」の系列ホテルらしいです。

出雲市駅とほぼ繋がってる感じだし、空港バスの乗り場も目の前だし、セブンイレブンがすぐ近くにあって、何かと便利でした。





シングルのお部屋は17平米で、そんなに広くはなかったけど、静かで寛げる快適なお部屋でした。
我が家と同じ低めのベッドで、枕も2種類あって、めぐりズムのホットアイマスクまで用意されてました。





バスルームは使わなかったけど、こんな感じ。
お風呂は、ホテルから歩いて3分ほどの所に、天然温泉 らんぷの湯 という温泉施設があったので、そこに入りに行ってました。

その温泉施設らんぷの湯は、そんなに広くはないんだけど、竹林を眺めれる露天風呂があって、夜はランプの光がとても幻想的。リラックスできるお風呂でした。鉄分を多く含んだ掛け流しの天然温泉で、地元っぽい人もたくさん来てました。
ちなみに、近隣のホテルに宿泊していると、割引料金で入れてもらえます。

良いお湯だったので、宿泊した日の夜と、翌日帰る前にもこちらの温泉に入ってきました。
バスタオル&ハンドタオルは有料なので、ホテルのフロントで貸してくれたのを持ってきました。
ツインリーブスホテルには、フロントに女性用のお風呂セット(ボディタオル、コットン、髪をしばるゴムなど)がポーチに入って用意されてて、好きにもらえたので、なに不自由なく気軽に温泉にも行けて良かったです。





宿泊プランにブッフェの朝食がついてたので、いただきました。
パンなどの洋食も多少あったけど、和食のほうが色々とおかずが充実してましたね。
おいしかったです。

駅前をぶらっと歩いてみた感じだと、出雲駅周辺にはいくつかホテルがあったけど、立地的には今回泊まったツインリーブスが一番良いかなと思いました。
朝一で出雲大社へ行くにも、ホテルの目の前から出雲大社行きのバスが出ているので、すごく便利。
それに、女性向けの細やかな配慮がされてて、とても快適に過ごせたので、女性の一人旅にもオススメですよ~。


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA