ニュージーランド航空のエコノミー機内サービス(2017年11月搭乗)

[記事公開日]2017年11月17日
LINEで送る
Pocket

初めてのニュージーランド航空、羽田-オークランド便(NZ92便/NZ91)で、オークランド旅行してきました。

ニュージーランド航空のB787-9型機は、旅客機らしくないオールブラックスの黒塗装、と思い込んでいたけど、今回乗ったのは白塗装に黒文字の機体でした。同じB787-9型機でも、塗装違いがあるんですね。
シンプルだけど、後方のシダの葉のマークが素敵な飛行機。

エコノミー席は往路ともにほぼ満席でした。




羽田からオークランドへの直行便は、約10時間半のフライト。
時差は4時間で、オークランドのほうが東京より4時間早いです。





3-3-3のシート配列でした。
レッグレストは、プレミアム・エコノミーにはあるみたいだけど、エコノミー席にはなかったです。
10時間以上のロングフライトだと、ないと辛いですね。





機内食1回目。深夜だけど、一応夕食ってことなのかな。
牛肉が柔らかくて美味しかった。





2回目の機内食は朝食。
ニュージーランド航空のエコノミー機内食は、大した特徴もなくごく普通だけど、ニュージーランドワインが提供されるのが人気のようですね。
食事中に、CAさんがボトルワインを持ってまわってました。
私はワインは飲まないけど、相棒が赤ワインをもらってました。
お茶のようにコップになみなみ注がれてて、ちょっとビックリ。





便利だったのは、座席前のモニターで色んなことができること。
シートチャットの機能もあって、往路は相棒と席が前後になってしまったのだけど、この機能で時々会話できたので面白かったです。
あと、居酒屋のようにタッチパネルで飲み物やアメニティなど頼むことができました。
復路便はなぜかよく寝付けなかったので、夜中に飲み物のほか、ニュージーランドのお菓子「クッキータイム」とか、歯ブラシとか、色々頼んじゃった。



ニュージーランドの国民性なのか、現地でもすごくフレンドリーな人が多かったけど、機内のスタッフも感じの良い人が多かったです。

ところで、ニュージーランド人って英語で「Kiwi(キウイ)」って呼ばれるのを聞いたことがあるけど、それはどうやらニックネーム的なもんで、正式には「Newzealander(ニュージーランダー)」だそうですね。豆知識。

ニュージーランド旅行の旅行記は、
2017年ニュージーランド旅行記まとめ
にまとめてありますので、よろしければご覧ください。


follow us in feedly
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA