2018年の梅仕事-梅シロップ仕込みました

[記事公開日]
LINEで送る
Pocket

今年も、梅仕事の季節になりました。

ここ数年、毎年作っている梅シロップ。今年も青梅が出回りはじめたので、早速買ってきて仕込みました。

梅には、夏バテ防止、殺菌効果、疲労回復、冷え性改善、整腸作用、美肌効果などなど、とにかくたくさんの効能があるそうなんですよ。

今年買ったのは、例年に比べて少し粒が小さめ、値段も安めの青梅。
1kg分を仕込みました。




梅を水洗い。





乾かして、爪楊枝でヘタを綺麗に取る。





例年なら、この後すぐに瓶に仕込んでしまうんだけど、今年はちょっとやり方を変えてみました。
梅シロップのレシピを調べると、「梅を一晩、冷凍庫で凍らせる」という手順をやられてる方が多いんですよね。
どうも、冷凍することで梅の繊維が壊れて、梅のエキスが出やすくなるようです。
今年は、買ったのがちょっとお安めの梅ということもあり、試しにジップロックに入れて一晩凍らせてから作ってみることにしました。





凍ったままの梅を、消毒した瓶に氷砂糖と交互に入れていって、仕込み完成。
今年は、昨年よりちょっとお酢を控えめに、50ccぐらいにしておきました。

しかし、この瓶を室温が上がりにくい北側のお部屋に置いておいたところ、数時間後に見てみたら、瓶の外側に水滴がびっしょりで。
ま、中が凍ったままの冷たい梅だから、汗かくの当たり前ですね。タオルでふきふき。
でも、この作り方、本当に正しいんだろうか??

とりあえず、氷砂糖が解けて梅が液に浸るまでは、毎日瓶をゆすりつつ様子を見てみます。





↑ 昨年の今頃に仕込んだ梅シロップをお水で割り、余った青梅を入れた梅ジュース。
さっぱりして美味しい♪


follow us in feedly
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA