おすすめマイレージプログラム

[記事公開日]2013年4月9日
LINEで送る
Pocket

前回の 初心者マイラーがたくさんマイルを貯める方法 の続きです。

私が貯めているのは主に、ユナイテッド航空のマイレージプラス(スターアライアンス加盟)と、JALのマイレージバンク(ワンワールド加盟)の2つ。
米系航空会社から1つ、日系航空会社から1つ、それぞれ選んでいます。

各アライアンスの加盟航空会社の一覧を見ても分かるとおり、スターアライアンスは加盟航空会社がダントツに多いです。

スターアライアンス加盟航空会社:27
アジアANA全日空、中国国際航空、アシアナ航空、深セン航空、シンガポール航空、タイ国際航空、エバー航空
ヨーロッパルフトハンザ・ドイツ航空、スカンジナビア航空、スイス インターナショナル エアラインズ、オーストリア航空、ポルトガル航空、トルコ航空、ビジット・アドリア航空、エーゲ航空、ブリュッセル航空、クロアチア航空、ポーランド航空
アメリカユナイテッド航空、USエアウェイズ、エア・カナダ、アビアンカ タカ航空、コパ航空、タム航空
アフリカ・中東エジプト航空、エチオピア航空、南アフリカ航空
オーストラリアニュージーランド航空
ワンワールド加盟航空会社:12
アジアJAL日本航空、キャセイパシフィック航空、マレーシア航空
ヨーロッパブリティッシュ・エアウェイズ、フィンランド航空、エアベルリン、イベリア航空、S7航空
アメリカアメリカン航空、ラン航空
アフリカ・中東ロイヤル・ヨルダン航空、、カタール航空
オーストラリアカンタス航空
スカイチーム加盟航空会社:19
アジア大韓航空、チャイナ・エアライン、廈門航空、中国東方航空、中国南方航空、ベトナム航空
ヨーロッパエールフランス航空、アリタリア航空、KLMオランダ航空、アエロフロート航空、エア・ヨーロッパ、チェコ航空、タロム航空
アメリカデルタ航空、アエロメヒコ航空、アルゼンチン航空、
アフリカ・中東ケニア航空、ミドル・イースト航空、サウジアラビア航空
オーストラリア-

スターアライアンスがいい理由


まず、日本の航空会社ANAが属していること。
貯めたマイルを、ANAの国内線特典旅行に換えることができます。
そして、アジアの乗継便として使い勝手のいいタイ国際航空やシンガポール航空が加盟していること。
また、ヨーロッパや中東の国へのアクセスがいいトルコ航空や、乗継便として価格面で利用しやすいスカンジナビア航空やオーストリア航空が入っていること。

これだけ揃っているので、航空券選びの際の選択肢が多くなります。


ユナイテッド航空のマイレージプラスを選ぶメリット


一番のメリットは、フライトマイルの加算条件が良いことです。
例えば、同じ予約クラスでも、ANAのマイレージプログラムだと50%しか加算されないものが、ユナイテッドのマイレージプログラムだと100%加算される、というケースが多くあります。

それから、マイルの有効期限問題。
ユナイテッドのマイレージプラスは、「最終の加算または減算から18か月」が有効期限になるので、その期間内に1マイルでも加算すれば期限が延長されるので、実質無期限です。

さらに、特典旅行交換時の燃料サーチャージ問題。
現時点では、ユナイテッドのマイレージプラスで貯まったマイルを特典旅行に交換する際、ほとんどの提携エアラインにおいて燃料サーチャージはかかりません。
これが、他の多くのプログラムでは、特典旅行の場合でも燃料サーチャージは別途支払わなければいけません。

そして、効率よくマイルを貯めれる提携クレジットカードが何種類か存在すること。
提携クレジットカードでいえば、さすがに日本ではANAのマイレージプログラムが一番選択肢は多いと思います。
その次に多いのが、ユナイテッドのマイレージプラスではないでしょうか。

最後に、特典旅行への交換のしやすさ。
今まで何度も特典航空券に換えていますが、私の体感ではマイレージプラスでの特典旅行は、比較的予約が取りやすいです。
また、一部の航空会社では特典航空券が使えない日(ブラックアウト)が設定されていて、特に日本の航空会社のマイレージプログラムだと、お盆やGW、年末といった時期は、ブラックアウトになります。
しかしユナイテッド航空の場合、日本の連休のブラックアウト設定がないので、例えばピーク時期のANAの国内線特典航空券を狙える可能性も出てきます。


JALマイレージバンクでマイルを貯めるメリット


ユナイテッド航空のマイレージプラスの他に、JALマイレージバンクでもマイルを貯めている理由は、まず私がJALファンだということ。
でも、それ以外にもいくつかメリットがあります。

私はSuica利用者で、コンビニやスーパーはじめ、あらゆるところの支払いをSuicaにしています。
JALには、JALカードSuicaがあって、Suicaへのチャージにこのカードを指定すると、JALのマイルがバンバン貯まるのです。

ちなみに、Pasmoをお使いの方なら、Top&ClubQ JMBカードで、同じようにJALのマイルを貯めることができます。

さらに、JALは特典旅行交換のキャンペーンが多いのも魅力です。
通常より少ないマイルで、国内線・国際線の特典旅行に交換できるキャンペーンが、結構頻繁にあります。
また、特典航空券(無料航空券)への交換については、ANAに比べてJALのほうが取りやすいという結果が出ています。(詳細はこちらを参照)


おすすめのマイレージプログラム


フライトマイル+カード利用の両方でマイルを貯めていける人だったら、スターアライアンスに加盟しているユナイテッド航空のマイレージプラスがおすすめ。
クレジットカードは、私が持っているMileagePlus MUFGカードなら、ヤングゴールドに該当し、年会費が5,000円と安いながらも、空港のカード会社提携ラウンジが無料で使えるので便利。
もう1つおすすめは、MileagePlusセゾンカードで、マイルアップメンバーズに登録して、1,000円につき15マイルというトップレベルの換算率でマイルを貯めていくのがいいです。

次におすすめなのは、日本の航空会社のANAやJALのマイレージプログラム。
国内線の利用が多い人や、フライトマイルを貯める機会が少なく、陸マイラーのようにカード利用でマイルを貯める割合が多い人であれば、提携クレジットカードが充実している日系のプログラムを選んだほうがいいかもしれません。


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA