5日間で癒しのバリ島旅行

[記事公開日]2013年4月27日
LINEで送る
Pocket

毎日忙しく働く大人が、癒しを求めて向かう旅先として最適なバリ島。

パワースポットとかヒーリングスポットとか言われている場所は世界にいくつもあるけれど、私の中では、
バリ島=心と体がすっごい疲れてるときに行きたい場所
って感じです。

何年か前にJALのデンパサール直行便がなくなり、現在は直行便の運行はガルーダ・インドネシア航空のみ。

フライトスケジュールは比較的よくて、成田と関空からは、午前出発でその日のうちに現地到着可能。

羽田からだと、深夜発の翌朝デンパサール到着なので、仕事帰りの出発が可能。
その場合、土日休みにプラス2日有給を取るだけで、現地にほぼ丸3日ステイできる、2泊5日の旅行もできちゃいます。

約7時間半のフライト時間で、時差もたったの1時間。
5日間の連続休みがあれば、是非行きたいリゾート地です。


バリ島の東側ではサンライズを、西側ではサンセットを見ることができます。
写真はサヌールのビーチ。
人もそれほど多くなく落ち着いた、大人向けのビーチ。


緑が多いウブドは、神秘と癒しのスポット。
伝統舞踊など芸術を楽しんだり、瞑想をしたりするのにも向いてそう。
隠れ家的なプチホテルも多いです。


バリ島はショッピングも楽しい。
ジェンガラ食器やアタ製品など、リーズナブルでクォリティの高い製品が多いです。
バリ島コスメもおすすめ。

もちろん家族やカップル、友達どおしでも楽しめるけど、バリ島は大人の一人旅にも向いてると思います。
実際、女性の一人旅行者も多かったりしますし。

私は今までバリ島には2回行ってますが、最初のときはエス・ティー・ワールド(STW)の終日自由行動のツアーで行きました。

空港-ホテルの送迎がついてるのみのツアーでしたが、それにウルワツ寺院のケチャダンス+ビーチでのシーフードディナーのオプションをつけました。



空港ホテル間の移動や、ウルワツ寺院までの移動や観光、全て他の旅行客とは別で、私たち2人にドライバーと日本語ガイドさんが専属でついてくれるという、快適なツアーでした。
バリ島のツアーは、この形が多いみたいですね。
他のお客さんとの乗り合いや、団体でぞろぞろと観光するのは好きじゃないので、とても良かったです。

2回目のバリ島旅行は、個人で航空券とホテルを手配して行きました。
移動は全てタクシー利用だったので、交通費が結構高くつきましたね。

普段あまりツアー利用はしないけれど、バリ島に関してはツアー参加のほうが楽で快適かなと思いました。

エリアは、日本人に人気のヌサドゥア、お洒落なスポットが集中しているスミニャック・クロボカン、若者やサーファーに人気のクタ・レギャン、落ち着いたビーチのサヌール、自然溢れるバリ島中央のウブド、豪華リゾートホテルがあるジンバランや南部エリアと、バリ島の中もそれぞれ特色があるので、お好みに合った過ごし方ができそうなエリアにステイするのがいいかも。

ちなみに個人的には、サヌールに宿泊して、ウブドやスミニャックあたりに日帰りで遊びに行くのが好きです。

ガルーダ・インドネシア航空は、現在マイレージの提携が大韓航空のみで、2013年にスカイチーム入りするとの噂がありましたが、それも延期されてるようです。
スタアラとワンワールドのマイルを貯めている私としては、マイレージ加算の点では若干不満があるものの、やっぱり直行便のガルーダは便利ですね。

バリ島は5月~9月ぐらいが乾季でカラッとしてて気持ちいいですが、雨の多い冬の時期もフルーツなどがおいしいし、リゾートホテルでのんびりするにはいいですよ。


follow us in feedly
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA