新江ノ島水族館「えのすい」

[記事公開日]2013年7月16日
LINEで送る
Pocket

7月前半の平日、猛暑の日に、甥っ子ふたりを連れて総勢5名で、新江ノ島水族館に行ってきました。

地元に住んでいながら、「新江ノ島水族館」になってから行くのはなんと初めて。
いつの間にか、「えのすい」なんて愛称までつけられてたんですねー。

電車で行かれる場合は、江ノ電や湘南モノレールを利用しても行けますが、小田急線で「片瀬江ノ島」駅で下車するのが、一番近いです。

ちなみに、小田急線の片瀬江ノ島駅から、新江ノ島水族館方面に行く途中に、ハワイにあるパンケーキで有名なお店 Eggs’n Things(エッグスンシングス)の湘南江の島店があります。

水族館を見た後、ランチはここで食べようかと話していたのですが、行列だったので諦めました。
オープンからだいぶ経ちますが、さすがに人気店だけあって、平日のお昼でもまだ混んでますね。

さて、新江ノ島水族館の話に戻ります。

海のすぐ近く、江ノ島を見渡せる好ロケーションにある、立派な水族館です。
入場料も大人2,000円と、結構お高め。



相模の海ゾーンには、いくつもの水槽があって、相模湾に関係した魚たちを鑑賞することができます。



暑い夏、この涼しげなブルーは癒されますね。



色んな海の生物がいます。
館内、思ったより広いです。



クラゲファンタジーホールというエリアには、見たこともない種類のくらげがたくさんいて、その綺麗さに思わずボーッと見とれてしまいました。



えのすいで一番大きな水槽では、「フィンズ」というショーをやっていました。



そして次は、一番のお目当て、ペンギンです!



ペンギンのコーナーは、思ったよりこじんまり。
一瞬、うっかり通り過ぎるところでした。



フンボルトペンギンという種類だそうです。
かわいい♡



ちょうど餌やりの時間だったようで、一匹がすぐ近くまで泳いできてくれました。



最近水泳を習いはじめた甥っ子ちゃんは、すぐ近くでペンギンの泳ぎを見れて、嬉しかったみたいです。



イルカショースタジアムで、イルカたちのショーを見ました。
結構大きなスタジアムだったけど、ほぼ満席。
背後に見えるのは江ノ島です。



実際に水槽に手を入れて、海の生物を触れるコーナーもありました。
このエリアは、幼稚園児~小学生ぐらいのお子さんが楽しんでましたね。
うちの甥っ子たちは、まだ1歳と3歳なので、怖がって触れませんでした。

水族館も、たまには行ってみるもんですね!
とっても楽しかったです。


follow us in feedly
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA