まだ終わらない2018年台風シーズンに思うこと

[記事公開日]2018年10月1日
LINEで送る
Pocket

今日から10月なので、ハロウィンの画像など載せてみました。

今年は、台風が多いですね。なぜ嫌味ったらしく、日本列島に沿って移動するんでしょうか。
昨夜は関東でも激しい暴風雨で、家の中にいても窓ガラスに何かがぶつかってくるんじゃないか?という恐怖で、なかなか寝付けませんでした。我が家は平気だったけど、近くでも停電になったエリアがあったようです。

日本に近づく台風が多い季節といえば、今までは8月と9月というイメージだったけれど、今年は10月になってもまだ日本の南海上の海水温が高いそうで、今後もまだ来る可能性があるらしいですね。さっそく、次の25号もスタンバってるみたいだし。
予定している台湾旅行に影響しなければいいのだけど。

昨日今日と、交通機関にも大幅な遅れや運行中止が発生し、出先で困ってしまった方々もいたようだけど、こういう自然災害が発生した時、いつも通りにコトが進まなくなったとき、不便が起きたとき、その人の器の大きさってのがよく分かりますね。

いつもより早起きし、家を早めに出て、職場に行ったら、普段の3倍以上の仕事量が待ち構えていました。
台風や停電の影響で障害が発生した為で、まぁ年に数回はこんな日もあります。

そんな中、契約しているサービスが利用できないことに対して、

「台風はとっくに去ったのに、何まだ止めてんだよ!?」
「大学生の息子の勉学に支障が出ています!どう責任とりますか?」
「至急!至急!至急!!!!!!!!!!」(1時間に3通の催促)

みたいのが、結構くるんですね。ここはクレーム大国の日本なので。

ほんの少しも待てない?
そんなに人生に余裕がない?
明日、死ぬの?

台風一過の後も、今日はあちこちでまだ停電も発生していたんです。
電気が通らなけば機械が動かない、ってことは理解できるのかな?できないのかな?

昨夜のあの暴風雨で、設備だって相当なダメージを受けているんです。
今あなたの頭上が晴れてるからって、何もかもが自然解消すると思ってる?
残念だけど、答えはNOです。

各交通機関、ライフラインを提供する仕事に携わる人間が、どれだけ大変な思いで仕事してるか知ってますかね?
帰宅せずに徹夜で対応しなければいけなかった人、自分のミスでもないのに顧客から怒鳴られなきゃいけない人、色んな立場の人がいるんです。
人の気持ちを考えろなんてハイレベルなことは求めないけど、少し想像力を働かしてみるってことぐらい、大人だったらできませんかね?

民度の低い人たちの戯言、として今日のところは落とし込んだものの、もしかしたら、日本の「お客様は神様です」精神が生んだ害悪なのでは?とも思ったり。

消防士たちに敬意と感謝をこめて、コーヒーを差し入れするアメリカ人。
缶コーヒーを飲んでた消防士を見て、さぼってるとクレームを入れる日本人。

以前ちょっと聞いたこんな話まで、ふと思い出してしまった今日でした。


↓↓ この記事がお役に立ったらポチお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

follow us in feedly





LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA