不要品処分が多い引越しはどうしたらいい?

[記事公開日]

来月引越しをする予定があり、決めなきゃいけないこと、考えなきゃいけないこと、やらなきゃいけないことがいっぱいで、ブログもなかなか更新できずにおります。

一時的に実家への転居となるので、通常の引越しとは異なり、家具や家電など、とにかく廃棄する物が多いのです。今や物を捨てるにもお金がかかるご時世で、単純な引越し費用にプラス、廃棄費用のことも考えなければいけません。

今回の引越しに際して、不要品処分業者や引越し業者など、いくつかの業者に訪問見積りをしてもらいました。
電話での相談見積りは6社、訪問見積りをしてもらったのは4社。計10社。
そんな中で、料金相場や業者を選ぶポイントなどが自分なりに分かってきたので、書き残しておきたいと思います。
不要品の処分が多い引越しを検討されてる方には、もしかしたら参考になるかも?


最初に結論から言いますと、今回は某大手引越し会社に以下の料金&プランでやってもらえることになりました。

<料金>

・引越し代金(エアコン取り外し工事費込み):45,100円
・家電リサイクル品(冷蔵庫・洗濯機・エアコン)処分:16,260円

<作業内容>

・通常の引越し(転居元⇒転居先)と集合住宅ゴミ集積場への不用品運び
・家電リサイクル品(冷蔵庫・洗濯機・エアコン)の処分

一人暮らしといえど3部屋あるので、荷物量としては二人暮らし分ぐらいは余裕であります。
当日は、2トンロングのトラック、作業員3人で来てくれるそうです。
1月の前半は引越しが少ないそうで、かつ平日の午後でお願いしたので、大幅に割引してもらえました。
エアコン取り外し工事費を除いたら35,100円なので、かなり安くしてもらえたかなと。
引越し費用をできるだけ抑えたければ、面倒ですが何社かに見積りをしてもらい、他社の提案プランを伝えてどこまで値下げしてもらえるか、という駆け引きが必要ですね。





今回は、大型荷物に関しては、転居先へ運ぶ物が3割、廃棄する不要品が7割といった感じで、圧倒的に捨てる物が多い引越しなのです。
なので当初は、不要品回収業者+引越し業者それぞれに依頼をする予定でした。

不要品回収業者に見積ってもらったところ、家電リサイクル品も込みで一番安いところが45,000円、一番高いところだと100,000円、見積りにかなり開きがありました。
同じ物を捨てるにも業者によって料金が倍も違うのだから、やっぱり何社かに見積ってもらって相場を確認したほうがいいですね。

仮りに、不要品回収業者の一番安いところ:45,000円にお願いするとして、別途引越し業者に通常の引越しをお願いしたら、併せて最低でも8万円ぐらいはかかってしまうな...というのが分かったので、次に引越し業者に相談をしました。

大手引越し業者は、不要品の処分はやっていないところが多いです。(中小規模の引越し業者は有料で引き受けてくれる業者も数件ありました)

基本的に、不要品は市の粗大ゴミ収集に出すのが一番安いです。
私の住んでいる地域だと、1点500円、一部大型の家具などは1点1,000円。
とは言っても、セミダブルのベッドや食器棚、クローゼットなどの大型家具を、エレベーター無しの3Fの部屋から集合住宅のゴミ集積所まで自分で運ぶのはムリ。
そこで今回は、その運ぶ部分だけを引越し業者に通常の引越し作業と併せてやってもらえないかと相談したところ、快く引き受けてもらえました。
市の粗大ゴミ券を事前に買って貼っておきさえすれば、引越し当日に全部ゴミ集積場所まで運んでくれるそうです。
引越し日の翌日に市の粗大ごみ収集の予約を入れて、もう準備はバッチリ。

家電リサイクル品(冷蔵庫・洗濯機・エアコン)に関しては、通常のリサイクル料金にプラス、1点3,000円の収集運搬料金でやってもらえるとのことだったので、これも引越し業者にお願いしました。
軽トラとか持ってる人なら自分で指定引取場所まで運べばいいけど、それも大型家電となると大変だしね。
引越しの当日にすべて一気にやってもらえるし、自分でリサイクル券を用意する必要もないので、手間の点でも引越し業者に頼むのはアリかと思います。

ちなみに、今回我が家ではテレビ以外の3点(冷蔵庫、洗濯機、エアコン)を処分することになるので、3点を廃棄処分する場合の料金を事前に比較しておきました。
リサイクル券を購入して自分で指定引取場所に持っていく場合、家電量販店に引取りと処分を依頼する場合、引越し業者に引越し作業と併せて処分を依頼した場合、不要品回収業者に回収を依頼した場合の4パターンの見積り費用は以下のとおりでした。
注)料金は、メーカーや大きさなどによって異なります。以下は我が家の場合、ご参考。

◆自分で指定引取場所に家電を持っていく場合

※家電リサイクル券代
・冷蔵庫:3,740円
・洗濯機:2,530円
・エアコン:990円
——————————–
  合計:7,260円


◆家電量販店に引取りと処分を依頼する場合

※某家電量販店に確認した金額
※リサイクル料金+収集・運搬・出張費
・冷蔵庫:4,840円+2,200円
・洗濯機:3,630円+2,200円
・エアコン:2,090円+3,300円
——————————–
  合計:18,260円


◆引越し業者に依頼した場合

※某引越し会社に確認した金額
※リサイクル料金+収集運搬料金
・冷蔵庫:3,740円+3,000円
・洗濯機:2,530円+3,000円
・エアコン:990円+3,000円
——————————–
  合計:16,260円


◆不要品回収業者に依頼した場合

※某不要品回収業者に確認した金額
※リサイクル料金+エアコン取り外し工事費込み
・2トントラック1台載せ放題:45,000円
——————————–
  合計:45,000円
↑家電3点以外にも、トラックに載せれるだけ他の不要品も処分できるプラン


不要品回収業者に依頼した際の料金は、他不要品処分も込みなので、同列で比較はできないのですが、冷蔵庫、洗濯機、エアコンの3つを捨てるだけでも、結構な費用負担があるんですよね...(泣)

今回の引越しでかかる費用の総額は、市の粗大ゴミ(十数点で1万円分ぐらいになる予定)の券を自分で購入する分も含めて、7万5千円ぐらいになりそうです。


↓↓ この記事がお役に立ったらポチお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

follow us in feedly



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA