鎌倉鶴岡八幡宮で3人とも凶!2020年初詣

[記事公開日]

新年あけまして、2020年がスタートしました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

年明け早々、第三次世界大戦を危惧する出来事が起こったり、警備アマアマの日本の空港からスーパーお金持ちが大脱出したり、なんだか波乱の幕開けって感じですが。
今年は、自然災害が少なく、穏やかで平和な一年になることを祈っています。


昨日、鎌倉へ初詣に行ってきました。
毎年恒例の鎌倉鶴岡八幡宮、今年は大混雑でした!
三が日を過ぎた平日だからと油断してたけど、1/6 月曜日、仕事はじめで会社の新年参拝が多かったのかな?




大石段を上る手前で参拝規制をしていました。
御社殿での祈願、お札・お守り授与所、古神札納所、トイレ・・・すべて長い行列。

今年は、まだ小学校・幼稚園が冬休み中の甥っ子×2、姪っ子×1も一緒での参拝。
おみくじを引くにも長い列だったので、今年はパスかなと思っていたら、甥っ子2人がおみくじ引きたい!と言い出したので、一緒に並んで3人で引きました。





こんなことってある?
3人揃って、「」だったんですけど!

甥(小学2年)に、「凶っていいの?」って聞かれたから、「あんまり良くはないけど、これから段々と良くなるってことだから大丈夫だよ…」とは言ったものの。

2016年:大凶
2017年:凶
2018年:末吉
2019年:吉

と、昨年まで上がり調子で来ていて、今年こそ「大吉」のつもりだったのにぃ。
もしかして、鶴岡八幡宮って「凶」が多めです?(笑)

凶・大凶のおみくじは、「凶運みくじ納め箱」へ入れるといいんですが、混んでいてそこまでの移動もままならず、おみくじはいったん持ち帰りました。
近いうちにもう一度行って、凶運みくじ納め箱へ入れて”凶運“を”強運“に変えないと。

2020年初詣のおみくじ
↓↓↓

第三十七番 凶

○運勢
困苦はともすれば、眼の前を暗くしてしまう。
然し目耳をすませばその中にも光も声もあるものだ。
神の啓示は、自己の確認の後に始めて与えられる。
一層精励しなければならない。

○願望:一時の事を失望しなければ叶う
○縁談:自重しなければ良縁を失う
○交際:あまり頼り過ぎて逆かれる
○産児:九ヶ月頃注意して下さい
○病気:早く手当をしないといけない
○転居:人の口車が危ない
○事業:充分検討して当たりなさい
○試験:国語の実力が足りぬ

だそうです。
国語の実力が足りぬって、もし受験生だったらドキッとするかもね(笑)

肝に銘じて、日々過ごしたいと思います。





帰りは小町通りをぶらぶら歩いて駅まで戻ったけど、ここもやっぱり人が多くて。
人混みが苦手な私は、飲み食いする余裕もなく歩くだけで精一杯。
甥っ子・姪っ子たちは元気にあれこれ食べ歩きしてた。若さっていいなー。


↓↓ この記事がお役に立ったらポチお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

follow us in feedly





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA