高級ジャム塗り放題「ヴィロン(VIRON)の朝食」

[記事公開日]

先日、お昼過ぎに青山で用事があったので、午前中から渋谷をブラブラしていました。
最近は都内へ出る機会も少なくなったので、ランチは地元にはない何か美味しいものを食べたいぞ!と思い、ふと思いついたのが「ヴィロン(VIRON)」。ここのバケット・レトロドールが大好きで、渋谷に通勤していた頃は時々買っていた。
11時前だったので、ランチではなくまだモーニングに間に合うと思い、急ぎお店へ向かいました。

1Fでパンやお菓子を売っているので最初はパン屋さんかと思っていたけど、お店の入り口に「BRASSERIE」と書いてあるとおり、2Fでは食事やお酒が楽しめます。




ここ渋谷にあるヴィロンのモーニングは、昔からかなり人気。
10年以上前になると思うけど、前回は朝から並んだ記憶があります。
モーニングは9:00-11:00、平日の10時過ぎだったので、今回は並ばずに入れました。





ヴィロンの朝食は、↑こんなセット。これで1人分。
バケット・レトロドールが2カット、セレアル(雑穀入りの食事パン)が3枚、カゴに入ってます。
ヴィエノワズリー(甘いお菓子パン)は、10種類ぐらいを店員さんが大きなカゴに入れて持ってきてくれて、その中から好きなのを2つ選びます。
フランスのミオジャムが6種類+ハチミツ+チョコスプレッドの計8つの瓶がセットで置かれて、飲み物はコーヒーまたは紅茶のどちらかを選択。
コーヒーはお替り自由、紅茶はポットで提供されます。1,500円(税抜)の朝食セット。





バケット・レトロドールとセレアル。
フランス直輸入の小麦粉で作ったバケット。最近巷ではふわふわの食パンが流行ってるらしいけど、私はこういうバリっとしたバケットが好きです。





ヴィエノワズリーは、ショーソン・オ・ポム(アップルパイ)と、パン・オ・ショコラ(クロワッサン生地の中にチョコ)を選びました。
2つともすごく大きいのです。お皿が小さいんじゃないです。
結局、全部は食べきれなかったので、アップルパイは包んでもらい持ち帰りしました。





フランスのジャムメーカー「フランシス・ミオ」のジャムは、ランダムで6種類提供されるようで、今回はブルーベリー、ラズベリー、ストロベリー、ルバーブ、ピーチ、オレンジの6種類でした。
ハチミツはどこの物かチェックしなかったけど、美味しかった。
チョコスプレッドは、私の席にはホワイトチョコレートが置かれてたけど、お隣りの席に置かれていたのは茶色かったので、おそらくチョコレートかナッツ系のだと思われます。ベルギー製でした。





ジャムやスプレッドは直接パンに付けず、いったんお皿に取ってから付けてくださいと言われたので、とりあえず全種類をお皿に並べてみました。
特に好きだったのは、ピーチとオレンジかな。ルバーブも甘さ控えめで美味しかった。
あと、ホワイトチョコのスプレッドにラズベリーのジャムを一緒に付けたら激ウマでした。
ミオジャムは、ジャムなのにフルーツのジューシーさを感じるような本当にすごく美味しいジャムです。





ちなみに、このミオジャムは1,900円/1瓶 で1Fで販売してました。
そんなに大きくもない瓶のジャムが1つ1,900円って、かなりの高級ジャムですね。
それが塗り放題、なんて贅沢な朝食。

ミオ ピーチジャム 340g

価格:1,868円
(2020/1/23 17:20時点)


ヴィロンのヴィエノワズリーは1個400円~500円ぐらいする物が多いので、選んだ2つだけでも1,000円ほど。
バケット・レトロドールとセレアルにジャムをたっぷり塗って食べて、さらにコーヒーもお代わりして4杯ほど飲みました。
そう考えると、かなりリーズナブルなモーニングだなって気がしてきました。

店内もシックな赤で統一されていて、フランスで優雅な朝食をとっているような気分を味わえちゃうので、1年に1度ぐらいは行きたいモーニングかも。


↓↓ この記事がお役に立ったらポチお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

follow us in feedly





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA