2018年秋-台湾・台北グルメ食べ歩き記録

[記事公開日]
LINEで送る
Pocket

2018年秋の台北旅行で食べたもの。

今回は、なるべく過去に食べたことのない新しい食べ物に挑戦しよう!と意気込んでいたものの、結局は定番の朝食メニューや、小籠包、排骨、魯肉飯などなど、リピートして食べちゃいました。
でも、”今まで行ったことのないお店”というところは守ったので、こんなとこで食べたよってのをご紹介。


永和豆漿大王




MRT大安駅と科技大樓駅のちょうど中間ぐらいのところにある、豆漿が美味しいと噂のごはん屋さん。
到着した日、猫空へ行く前に朝ごはんで立ち寄りました。





すごい行列で、この列はテイクアウト用の列。





こちらは、店内で食べる人用の列。





こういっちゃ何だが、ちょっぴり小汚い店内。





後から分かったことだけど、このお店にはちゃんと日本語のメニューがあるらしい。
が、列に並んでる時にそんな手元で見れるメニューは見当たらず、おじさんにオーダーする時もメニューはなく、適当に指差しで3種類頼んだら、こんなのが出てきた(笑)
写真の撮り方が汚くてアレですが、味は美味しかったです。冷たい豆漿も最高。






樺林乾麺




こちらは麺のお店。
素朴な食堂って感じだけど、朝から地元の人が次々と入ってきてたから、たぶん人気店。
MRT西門駅から徒歩5分だけど、私たちは泊まっていた台北駅前のホテルから散歩がてら歩いて行きました。





メニューは、麺類は3種類(乾麺、炸醬麵、陽春麵)しかなくて、それぞれサイズが小、中、大の3種類から選べました。
とりあえず、乾麺(小サイズ)と、トッピングの豆干という厚揚げのようなものを頼んでみました。
乾麺は、汁なしの麺で上にネギが乗っかっただけの超シンプルな麺。
ちなみに炸醬麵はジャージャー麺、陽春麵は汁あり?(憶測です)





ただの白い麺かと思いきや、丼の一番下に実はタレが入っていた。
よくかき混ぜてみました。





テーブルの上に置いてある醤油、ラー油、黒酢、唐辛子、胡椒で、お好みの味に。





とりあえず、全部の調味料を少しずつ足して、さらにトッピングの豆干をのっけて一緒に食べたら、激ウマでした!
9回目の台訪にしてやっと出会えた、とっても美味しい麺。






SOGO復興館B2フードコート




ランチにSOGOのフードコートで、ド定番の台湾ごはんを食べました。
魯肉飯、炸排骨、青菜、すり身団子のスープがセットになってました。
台北はフードコートも侮れない。炸排骨とスープはすごい美味しかった。






杭州小籠湯包(民生東路店)




老舗の人気店だけど、今まで行ったことのなかった杭州小籠湯包。
食堂っぽい本店ではなく、綺麗なレストランって雰囲気の2号店のほうへ行きました。
最寄り駅は、MRT中山國中駅で、シャーウッドタイペイ(台北西華飯店)の通りを挟んで向かいです。





入り口のあたりから、小籠包を作っている様子がガラス越しに見えました。






かなり早めの夕飯、18時前に行ったので、店内はガラガラでした。
想像以上にお店の中が綺麗で、ちょっとビックリした。







あちこちで色々食べて飲んでの後で、あまりお腹が空いておらず、とりあえず2人でカニ味噌小籠包(4個入り)、普通の小籠包(4個入り)、からし菜の炒飯を頼みました。
帰りのフライト前の食事だったので、食べ納めの小籠包(笑)美味しかった!






続いて・・・スイーツいきます。
↓↓↓


豆花荘




寧夏夜市をブラブラした後、すぐ近くにあった豆花荘へ。
名前のとおり、豆花の専門店。
21時をまわってるというのに、1階席は満席で、2階席でいただきました。





今まで他では食べたことのないくずきり豆花を注文しました。
出てきた瞬間、くずきりの山で、豆花はどこに?って感じ。





掘ってみると豆花が出てきました。
豆花はあっさり、くずきりのシロップがカンロ飴のような味。
不思議なバランスのスイーツでした。

台湾の豆花は大好きなので、今までも色んなところで食べてます。
騒豆花、古早味豆花、鮮芋仙、廣安階、東區粉圓...など。
ここ豆花荘の豆花は、良い意味で普通の美味しい豆花。
私個人的には、豆の味がしっかりして濃厚な東區粉圓のが好みかな。






TIGER SUGAR(老虎堂黑糖專売)




最近、台湾の若者の間でとっても流行っているらしいTIGER SUGARというお店。
2017年の秋に台中でオープンした後、人気インスタグラマーなどの影響もあって台湾全土にその人気が広がり、今年に入って台北にも続々お店がオープンしているそうです。

たまたま中山駅の近くをフラついている時に見つけた「中山南西店」の前も、人だかりが。





台湾といえばタピオカミルクティーだけど、これはミルクティーではありません。
ミルク+黒糖+タピオカ。つまり、タピオカ入りの黒糖牛乳です。
この組み合わせ自体は、他のドリンクスタンドでも昔からあるらしいんだけど、写真のように白いところに茶色く模様が入った感じが、”映え~”ってことで人気みたいです。





この模様は、お店の名前にもある「Tiger」からきてるのかな?色合いが虎柄っぽいから。
飲んでみたら、これがものすごく美味しいんです。人気なの分かる!
タピオカも黒糖で煮詰めてある感じで、とっても濃厚。
タピオカミルクティーもいいけど、これも相当オススメです。
泊まっていた台北駅前のホテルのすぐ裏にも、台北駅前店がありました。
今後、台北市内にどんどんお店が増えていくんじゃいかな。






一芳




渋めのドリンクスタンド「一芳」の水果茶が美味しいという噂を聞いて、行ってきました。
SOGO台北忠孝館の裏側にある「忠孝復興店」です。外観が渋め。





これが人気の一芳水果茶です。
リンゴ、オレンジ、パッションフルーツなどの果物が大きめカットでザクザク入ってる。
飲んだ後は、フタを開けてフルーツをむしゃむしゃ食べる感じ(笑)
油っぽい食事の後など、スッキリしたい時にオススメかも。

似た感じのドリンクだと、以前に高雄で飲んでハマった「麻古茶坊(macu)」の香橙百香緑茶こちらの記事に書いてます)のほうが好きだけど、これも美味しかったです。





以上、台北弾丸旅行2018で食べたものでした。
今回のお気に入りは、樺林乾麺の乾麺と、TIGER SUGARの黒糖タピオカミルクかな❤

ちなみに、3年前には「台北食べ歩きの弾丸旅行2015」というのを書いてますので、よろしけばこちらもご覧ください。


↓↓ この記事がお役に立ったらポチお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

follow us in feedly



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA