[COVID-19] 続々とはじまる国際線無償コロナ保険の提供

[記事公開日]

コロナウイルス感染はまだ収まる気配がないけれど、ワクチン接種を開始した国が出はじめてて、近い将来コロナ収束に向かうのかどうなのか、ってところですね。

最近、航空会社が国際線チケット販売と併せて、無償のコロナ保険を提供する流れが出てきているようです。日本の航空会社では、日本航空が先日「JALコロナカバー」を発表しました。期間限定ではあるけれど、国際線を利用するすべての顧客が対象で、保険内容もなかなか手厚いものになっています。

例えば、JALの無償コロナ保険の内容は...

対象期間

2020年12月23日~2021年6月30日(出発分)

対象

JAL国際線(JAL便名かつJAL運航便)利用者
 ※他社便名または他社運航コードシェア便は対象外
 ※旅行会社発券の航空券やパッケージツアー、特典航空券も対象

補償期間

搭乗日から31日間

補償内容

対象期間あたり最大15万ユーロの病院費用
一日当たり最大100ユーロ(最長14日間)の検疫に関連する隔離宿泊費
一人当たり最大1500ユーロの医療搬送(帰国支援)
一人当たり最大1500ユーロの遺体搬送補償

という感じ。
詳細は、航空会社HPでご確認ください。
JALコロナカバー


現時点で、日本航空のほか、以下の航空会社でも同様の無償コロナ保険を提供しています。

キャセイパシフィック 無料コロナ保険

エミレーツ航空 新型コロナウイルス無料補償

エティハド航空 COVID-19対応ローバルウェルネス保険


コロナ感染が収束してきて、海外旅行を計画できるような状況になったとしても、しばらくは感染への不安はあると思うので、こういった無償の保険サービスは、国際線航空券の購入にあたって、安心材料の一つになりますよね。
今月に入って、保険サービスの提供を発表する航空会社が続々と出てきているので、今後、他の航空会社でも似たような保険サービスの提供を開始するかもしれませんね。


↓↓ この記事がお役に立ったらポチお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

follow us in feedly



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA