外国人殺到の北海道大学の学食で「牛とろ丼」を食す

[記事公開日]2015年7月5日
LINEで送る
Pocket

北海道大学ちょうど北海道旅行の数日前、タカトシが出演していた「それマジ!?ニッポン」で北海道大学の学食のロケをやってました。
安くて美味しい食事ができるってことで、外国人観光客に大人気という、北大の学食。

北大は今までの札幌旅行でも行ったことなかったし、テレビで見て学食のことを知ったのも何かのご縁かもってことで、遅めのランチに行ってみました。


ウィキペディア情報によると、北海道大学は1918年に設置された国立大学で、母体とする札幌農学校の初代教頭であるウィリアム・スミス・クラークが残した「Boys, be ambitious.」(少年よ、大志を抱け)を、現在でもモットーとして受け継いでいる、とのこと。


北海道大学

今回は、宿泊したホテルが駅前のセンチュリーロイヤルホテルだったので、北大の入り口までは徒歩で約7~8分ほど。


北海道大学

大学の中は緑が多くて、イリギス郊外の公園みたいな、綺麗でのどかな雰囲気でした。
とても広くてびっくり。
天気がいい日だったら、のんびり散歩したら気持ちいいかも。


北海道大学

歴史を感じる建物が、伝統ある大学の風格をより一層引き立ててる。


北海道大学

クラーク胸像。


北海道大学

中央食堂という学食に行ってみました。
北大の中には、いくつか学食があるみたいだけど、よく分からないのでロケでも使われてたこちらの食堂に。


北海道大学

メニューは、定食や丼の他、おかず単品や小鉢などもあるみたいでした。


北海道大学

入って右手に進み、壁沿いにぐるっと配膳エリアまで進んで、トレーを持って注文するスタイル。で、お会計を済ませて、空いてる席へ。


牛とろ丼

頼んだのは、人気の「牛とろ丼」小サイズ(463円)。
作ってるところを見てたら、丼にごはんを盛って、その上にクーラーボックスのようなところから出した冷凍の牛とろフレークをのせて、その上に海苔とネギをトッピングしてた。


牛とろ丼

アップ。
ちょっと甘めのお醤油の味があらかじめ付いてるので、このまま混ぜていただきます。


牛とろ丼

牛とろフレークは冷たいんだけど、暖かいご飯と混ぜるとちょうどいい感じに溶けて、おいしい!これは、外国人も好きでしょうね。

実際、私たちが食べている最中も、お昼時間はだいぶ過ぎてたにも関わらず外国人観光客が何人かいて、お食事してました。
遠い外国から北海道に旅行に来て、しかも美味しいものがたくさんある札幌で、あえて北大の学食で食事・・・ってのが、なんか微笑ましいね。


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA