紅茶専門店「ディンブラ」のスリランカティー&スコーン

[記事公開日]
LINEで送る
Pocket

ディンブラ前回、「魚や翻車魚丸(まんぼうまる)」でランチした記事を書きましたが、その後お茶をしたのが、同じく藤沢にある紅茶専門店「ディンブラ」。

このお店は、全国の紅茶好きの方はご存知かもしれませんね。紅茶研究家として有名な、磯淵猛さんのお店です。この磯淵さんという方、キリンビバレッジ「午後の紅茶」の監修もしてるらしいですね。ググったらそう出てきた。

そんなすごい人のお店が地元にあって光栄なのに、ナゼ今まで行かなかったのかな?


ディンブラ

1Fにファミリーマートがあって、お店は2F。
紅茶のほか、ワッフルも人気みたい。
でも、ドアを開けたらスパイシーなカレーの香りがしました。
後で口コミ読んだら、ランチのカレースープも評判のようですね。


ディンブラ

お店の名前にもなってる「ディンブラ」という紅茶をいただきました。
ポットに入って出てくるから、たっぷり3杯はあります。
しかも、ティーコジーをかぶせてくれるから、最後まで温かく飲めていいです。
ディンブラは、癖のないオーソドックスな紅茶でした。


ディンブラ

スコーンもいただきました。
紅茶といえば、スコーンでしょ。でも、スコーンはいたって普通でしたね。

そういえば。
イギリスにいた時、授業が終わった後にクラスメイトと一緒に近くのカフェに行って、よくクリームティ(紅茶とスコーンのセット)でお茶してました。
そのカフェでは、クロテッドクリームやジャムが、こちらのお店の3倍ぐらいドッサリ付いてて、スコーンはほんのり温かくて、本当に大好きだったんだけど。
今になって思えば、他に大して美味しいものがなかったから、そこのクリームティがやけに美味しく感じたのかも?(笑)

あ、それから、イギリスは紅茶の国って言われてるけど、一般家庭ではこんな風に、リーフティをポットでちゃんと淹れて飲んでなかったです。
友達の家など何軒かで紅茶を出してもらったけど、ティーパック(しかも糸すらついてない、葉も大して入っていないペッタンコのやつ)を、マグカップにポイ、はいどうぞって感じで。衝撃でしたね。
本気でおいしい紅茶を飲もうと思ったら、たぶん日本のこういう紅茶専門店のほうが、断然レベル高いと思います。


ディンブラ

お店で使われてたポット、こちらのオリジナルみたいです。
こちらのディンブラオンラインショップでも売ってました。

紅茶の有名な産地、スリランカにも、いつか行ってみたいですね~。




follow us in feedly
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA