成田空港2020年春より「顔パス」搭乗が可能に

[記事公開日]2019年3月9日
LINEで送る
Pocket

成田国際空港は、2020年春より「OneID」という顔認証システムを導入し、今まで保安検査や搭乗ゲートなど所々で行なっていたパスポートや搭乗券のチェックを行なわず、顔パスで通過できるような運用を始めるそうです。

この「OneID」は、世界に誇る生体認証技術を持ったNECが開発したシステムだそうですが、いよいよ顔認証AIが国際空港で本格的に活躍する時代になるのですね。


2020年春から運用開始となる「顔パス」の仕組みは、こういうことらしい。


空港到着後、チェックイン時に顔認証システムにパスポート情報を登録

手荷物預け入れ(顔パス)

保安検査場入り口(顔パス)

搭乗ゲート(顔パス)


つまり、最初のチェックインの際に本人確認をしたら、その後は出国審査を除き、搭乗まで顔パスで行けますよってこと。
今までパスポートや搭乗券を見せなければならなかった各ポイントを、今後はウォークスルーできるようになるんですね。
何度もチェックされる煩わしさが軽減されるので、いいことですね。


顔認証システムというと、どうしても気になるのが、変装とか整形とか厚化粧とか。
どこまでイケるの?っていうね(笑)
でも、この成田空港の顔パス運用は、チェックイン時にきっと”本日の顔”がシステムに紐づけられて認証されるんだろうから、その辺は大丈夫なのかな?


話変わるけれど、変装といえば...今話題のゴーン氏。
テレビのコメンテーターは「あの鋭い目つきで分かってしまいましたね」と言っていたけど、私はあれは、目つきだけでバレたのではないと思うぞ。
やっぱり、全身から醸し出す雰囲気やちょっとした挙動が、ぞろぞろと出てきた他の日本人とは何か決定的に違ったんだと思う。
ぼけーっとテレビで見ていた私でさえ、カメラがズームする前の段階で、ドアから出てきた瞬間にアレ?と違和感を感じたのだから。

にしても、青い帽子に反射材が付いた作業着、そして脚立が乗っかった軽ワゴン。
保釈時はあんなに用意周到な目くらましだったのに、今度は都内の公園を家族と手をつないで堂々とお散歩って。
隠れたいのか目立ちたいのか、どっちなんでしょう?
そして、変装作戦失敗と詫びる弁護士。
なんかもう、この一連、全部ギャグなの?って感じですね...^^;


↓↓ この記事がお役に立ったらポチお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

follow us in feedly





LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA