ニュージーランド航空羽田夜発オークランド行き

[記事公開日]2017年10月21日
LINEで送る
Pocket

来月のニュージーランド旅行が正式に決まったので、さっそく航空券を購入しました。ニュージーランド航空の直行便です。

仕事を終えてからの夜出発、しかも羽田発、そして現地に昼間に着けるという、個人的には理想のスケジュールです。

今回はじめてのニュージーランド航空利用ですが、私がよく利用する航空会社のサイトとは購入の仕組みや画面の遷移などがだいぶ違ってて、オンライン予約するのに最初ちょっと戸惑いました。

今後、同じようにオンライン購入を試した人が、ん・・・?と思った時に参考になるように、覚書きしときます。


2017年10月30日以降のフライトスケジュールは、以下のとおり。

>> 羽田-オークランド線 直行便スケジュール

◆往路
 22:05 羽田発 →  翌12:40 オークランド着
◆復路
 23:05 オークランド発 →  翌05:55 羽田着


ニュージーランド航空は、年に何回か期間限定のキャンペーンをやっています。



羽田-オークランドで、89,000円~のキャンペーンが多いですかね。
私も今回は期間限定のキャンペーンを利用したけど、予約したのが遅かったので最安値では取れず、93,230円でした。
羽田からニュージーランドへの直行便となると、もうニュージーランド航空一択になるので、そう大幅な値下げはないですね。

ニュージーランド航空は最安価格保証をやってるので、公式サイトからのオンライン購入が一番安いです。
航空券購入の発券手数料も、オンラインなら無料。


ではさっそく、オンライン購入時に気になったことを。


ニュージーランド航空の場合、最初に表示される運賃は本当にベースの最低運賃で、予約ステップを進めていくうちにオプション追加の誘導が多いので、ちょっと笑えます。
で、そんなに途中色々と出てくるのに、最後の確認画面は情報が少なくあっさり。
なので、「購入」の最終ボタンを押すのにとっても勇気がいります。


旅程選択




まず最初に、東京(羽田)-オークランドを選択、日付を指定して、予約したい便を選択。
ま、シンプルで分かりやすいんだけど、まず第一の違和感が、空港名や空港コードがいっさい表示されないこと。
画像上モバイク入れてるところには自分の名前などが表示されてるんだけど、むしろこの辺に空港名&空港コード表示してくれたらいいのに。

「オークランド」って、アメリカのカリフォルニア州にもあるよね?
英語で書かれてたらスペルが違うから分かるけど、カタカナだとまったく同じで、ちょっと紛らわしい。
まぁね、ニュージーランド航空のサイトで予約入れてんだから、ニュージーランドのオークランドに決まってんだろ!ってことなんでしょうけど…(^^ゞ

料金は片道ずつ設定されてて、往復それぞれ便を選ぶと合計が表示される。諸税込みの総額表示、これは分かりやいので◎。

同画面の下方には、「フェアホールド(Fare Hold)を利用すれば、¥3,000円の手数料で当該運賃を3日間確保いただけます」の表示。
フェアホールドとは、選択した旅程の表示運賃を3日間に限り、有料にて確保できるというオプション。
ま、この仕組みは最近航空会社だけじゃなく、旅行会社なんかでも取り入れてますね。


お客様情報入力


次の画面へ進んで、お客様情報を入力します。ここはいたって普通。
FFPの登録もできるので、私はNZ航空と同じスターアライアンスのマイルを貯めているユナイテッド航空のマイレージ番号を入力しました。

で、その次へ進もうとすると、押せるボタンが「次へ」ではなく「追加オプション」。
ここで早くもオプションを選択するんです。


◆追加オプション◆

・前払い追加手荷物
 空港での超過手荷物料金より最大50%割引で手荷物を追加いただけます。


これ、最後の画面でもよくない?
ちなみに、NZ航空はエコノミーで通常23kgです。


・スカイカウチへアップグレード
 エコノミー座席3席分を横1列つなげてご利用いただけます。


スカイカウチは、他の航空会社ではないサービスですね。
3席分をつなげるって、ちょっとイメージがわかない方は、この動画の後半(エコノミー席の説明)を見てもらうとよく分かるかも。



フルフラットになるので、横になるにはよさそうですね。
日本-ニュージーランドは、約11時間と長めのフライトだし。
ただ、1人でこのスカイカウチを利用するとなると、片道につき追加80,000円
往復スカイカウチにしたら、追加分だけで160,000、航空券代を入れたら約250,000円。
私だったら、スカイカウチにするぐらいなら、往復をプレミアムエコノミーにするかな。
プレミアムエコノミーは、優先チェックイン、足元が少し広めの座席、そして食事はビジネスとほぼ同様。

ただ、2人でスカイカウチを利用する場合は、片道一人につき20,000円の追加らしいです。
だから、横になってイチャイチャしたい細身のカップルや、お子様連れのご家族なんかにはいいのかもですね。


追加オプションはだまだ続きます。

・空港からのレンタカー

これ、今じゃなくてよくない?
航空券を購入してから、ゆっくり考えさせて。

そして・・・

・もっと柔軟なルールの運賃に変更しませんか?

これは逆に、出すなら最初の画面で出したほうがよくない?


座席指定


オンライン予約では、座席指定ができます。
同じエコノミー席でも、少しプラスで多少良い席が選べる仕組み。

● プリファードシート プラス2,000円
● エコノミー非常口座席 プラス7,000円

プリファードシートってのは、シートピッチが通常席より2cm広いみたいです。
JALの通常席とクラスJぐらいの差があるならともかく、2cmって!
あとは、優先搭乗の対象だったりするみたいだけど、別にスタンダードのシートでいいかなって。


航空券の確認と購入


最終確認の画面だけど、やっぱりここでも空港名や空港コードが表示されておらず、不安でしたね。
一応、スマートセーバー運賃利用条件のリンクから、さらに期間限定販売割引運賃のリンクへ飛んで自分の購入するチケットの条件を確認。

予約変更は出発前なら20,000円で可能、キャンセル(払い戻し)は不可、という理解をしたのだけど・・・



発券期限
予約完了後3日以内、または出発7日前までのどちらか早い日を適用。但し予約が旅行開始7日前以内になされた場合は、予約完了後24時間以内に行う。
ニュージーランド航空公式サイトにて予約の場合、予約完了後即時発券。


これが最初、意味がよく分からなくて・・・>> 期間限定販売割引運賃
公式サイト予約だと、予約完了後即時発券。
じゃあ、他なんだったら発券まで猶予がもらえるの?と。

結局、他ちょっと気になることもあったので、ニュージーランド航空に電話問い合わせして聞いたみたんだけど、公式サイトのオンライン予約の場合は即時発券、電話予約の場合は猶予がもらえるんだそう。
じゃぁ、電話予約のほうがいいじゃんと思ったけど、電話予約は発券手数料が取られるので、結局はオンライン予約が一番安く買えるんだそうです。

ということで、何とか航空券をクレジットカード決済でオンライン購入しました。
購入後すぐに、メールにeチケットが添付されて送られてきましたよ。



パスポートも先日申請をしたし(結局今回は5年用にしました)、ホテルもBooking.comで予約済み。
今回は、のんびりするのが目的なので、ガイドブックも持たず、あまり下調べもせずに行ってみる予定ですが、果たしてどうなるでしょうか。

[Update]
2017年ニュージーランド旅行記まとめ に旅行記Upしました!


follow us in feedly
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA