食事が良かった!箱根湯本温泉「ホテルおかだ」

[記事公開日]

先日、かながわ県民割とGo To Travelの併用で温泉宿を予約したことを書きましたが、早速行ってきました、箱根。

あいにくの雨降りで気温もだいぶ下がった日だったけど、温泉でゆっくりするのが目的だったので、ただただ温泉に入り、ホテルで食事をして、特に箱根観光もせずに帰ってきました。
到着日に2回、翌日チェックアウトまでに2回の計4回も温泉に入りました。

Go Toトラベルの対象が東京都まで広がったせいか、箱根は観光客が以前のように戻ってきている様子で、これから紅葉の季節に向けて、さらに混んでくるんだろうなーという感じ。


今回泊まったのはここ↓↓
箱根湯本温泉「ホテルおかだ」




箱根湯本は、アクセスしやすい、お湯が良い、リーズナブルな良宿が多い、という印象。
同じく湯本にある「天成園」や「月の宿 紗ら」も口コミ評価が良くて、予約入れる際に結構迷いました。
ユーザーが選んだオススメ宿ランキング箱根編(じゃらん.net)


客室露天風呂付きのお部屋に泊まりたかったのだけど、Go Toトラベルの割引があるせいか、客室料金の高いお部屋のプランはもう埋まっていて、スタンダードなお部屋しか空いてませんでした。




畳のお部屋、ベッドのお部屋、ソファのあるスペースがある、ちょっと広めな和洋室のお部屋でした。

お風呂は、大浴場のほかに「湯の里」という別建物にある温泉施設も、宿泊者は無料で利用できます。
湯の里までは、館内の長いエスカレーターを上った後、外へ出てさらに坂道を数分歩かないといけないらしく、雨も降ってたし面倒なので、お風呂は大浴場しか利用しませんでした。

夜も朝も、食事会場には結構な人がいたから、宿泊客はかなり大勢いそうなのに、なぜか大浴場はガラガラでした。
大浴場の混雑具合はスマホで確認できるんだけど、いつ見ても「現在は空いています」の表示だったし、実際に行っても2~3人いるくらいで。
おそらく、客室露天風呂付きプランの人はお部屋のお風呂を、若い人たちは湯の里を利用してたのではないかと推察。
大浴場は、かけ流しではないけれど広く開放的で、露天エリアもあって、なかなか良かったです。

でも、このホテルの一番の魅力は、食事ですね。
夕食も朝食も、種類が多くて、特に夕食はすごく美味しかったです。




ビュッフェスタイルだけど、コロナ対策が徹底されていて、すべて小鉢で提供されてました。
取りに行くときは、マスクと手袋を着用するように言われて、手袋は正直ちょっと面倒だったけど、安心感があって良かったです。

夕食↓



天ぷらとステーキは、ライブキッチンがあってその場で揚げたり焼いたりしてくれました。
お刺身やお寿司もありました。
季節柄、松茸ごはんと松茸の茶碗蒸しがあったのが嬉しかったな~。
特に松茸ごはんがすごく美味しくて、おかわりしちゃった。

朝食↓



朝食は、洋食と和食の両方あって、種類が多かったです。


ホテル内、あちこちに段差があって、お風呂までの道のりにも階段がありました。
シニアの方々が結構いたけど、みんな手すりにつかまって歩いてて大変そうだった。
館内は全体的に古いのでしょうがないけど、もう少しバリアフリーになるといいですけどね。

1泊2食付き2人で、Go Toトラベルで-10,000円ちょっと、かながわ県民割で-10,000円を割り引いてもらい。
地域共通クーポンを5,000円分いただき。
さらにホテルからも、ホテル内の売店等で使える金券を2人で1,000円分いただき。
こんなに安く泊まれていいの?って感じでした。
帰りに地域共通クーポンでお土産もたくさん買えたし、よかった。

ところで、Go To Travelキャンペーンは二転三転して、なんだか大騒ぎですね。
予約サイトによって突然、割引上限金額が変更されたり、予約回数制限がついたり、で、結局また元に戻ったり。
地域共通クーポンも、偽の紙クーポンだと疑われる事態が発生したり。
利用者、宿泊業者、お店のみんなが混乱しちゃうし、対応が大変でしょうね...(*_*;

Go Toトラベルとかながわ県民割を併用してのネット予約は、今後11月初旬より楽天トラベルじゃらん.netで開始となるようです。ゆこゆこネットは、当初10月中旬よりGo toトラベルとかながわ県民割の併用を予定していましたが、どうやら併用はできなくなったようです。(Go Toトラベル、かながわ県民割どちらかの適用は可)






↓↓ この記事がお役に立ったらポチお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

follow us in feedly



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA