ご当地グルメがたくさんある岡山!倉敷で食べたもの

[記事公開日]
LINEで送る
Pocket

神奈川県民からすると本当に羨ましい、ご当地グルメといえる物がたくさんある岡山県。
たこめし、えびめし、ばら寿司、デミカツ丼などの王道から、蒜山やきそば、津山ホルモンなど地域グルメ、そしてフルーツ王国ならではの美味しいスイーツまで。

海外でも国内でもそうだけど、食べる物が美味しいところはやっぱり魅力的で、また行きたい!ってなりますね。


今回は20時間ほどの短い現地滞在だったので、そんなに色々は食べれなかったけど、岡山グルメ・倉敷グルメをいくつかいただきましたよ。

炭火厨房 倉敷酒家


倉敷には私が先乗りし、友人が最終便の飛行機で来て合流したので、夕食はだいぶ遅い時間になってしまいました。
23時を回っていたので、駅前で深夜営業しているお店を探して行ったのがこちら。




炭火厨房 倉敷酒家
お酒と本格炭火で作る焼き鳥にこだわった居酒屋さんのようです。





なるべく素材に岡山産〇〇と書いてあるメニューを選んで、黄ニラ入り出汁巻きたまご、タコとエビのアヒージョ、蓮根の天ぷら、焼き鳥丼など、深夜にも関わらず結構がっつり食べました(笑)

ご当地グルメの「ままかり」というお魚がメニューにあって、これも食べてみたかったんだけど、この日は既に品切れとのことで、残念。



ぶっかけうどん ふるいち 仲店


翌朝、ホテルでの朝食は付けなかったので、噂のぶっかけうどんを食べに行きました。




ぶっかけうどん ふるいち 仲店
倉敷駅の南口、ロータリーの先にあるアーケードの中にある、小さなお店。
ぶっかけうどんって、実は倉敷が発祥なんですってね、讃岐じゃなくて。
しかも、こちらのお店「ふるいち」のぶっかけが、元祖なんだとか。

宿泊したホテル(アパホテル倉敷駅前)からは徒歩2分ほど、すぐ近くでした。





色んな種類のうどんがあったけど、基本の「ぶっかけうどん(温)」にしてみました。
温かいうどんにはショウガ、冷たいうどんにはワサビが添えられるみたい。

こちらのぶっかけ、まずつゆというかタレ、かなり甘い!
ショウガも結構な量がのってるので、よく混ぜると甘辛ダレになって、かなり美味しい。
トッピングはネギ、海苔、天かす、うずらの卵とシンプルで、とにかくタレが最高でした。
讃岐うどんも好きだけど、この倉敷ぶっかけは、私の中ではベストうどんですね。

どうやら、うどん天下一決定戦 で、2016年、2017年と2年連続優勝してるようで。
いや~、でも分かるね、美味しいもん。



橘香堂 美観地区店


倉敷銘菓「むらすずめ」を製造販売している橘香堂で、朝のおやつを。




橘香堂 美観地区店
美観地区の入り口すぐのところにあります。





店内奥のほうに喫茶コーナーがあって、そこで作り立てのむらすずめとお茶のセットをいただきました。
写真は抹茶だけど、これは友人が頼んだやつ、私はコーヒーで。
こっちのほうが絵になるから、写真だけ撮らせてもらった(笑)
むらすずめ、中のあんこが美味しいです。



金賞コロッケ 倉敷店


美観地区をお散歩中に偶然見つけた、コロッケ屋さん。




金賞コロッケ 倉敷店
“日本一”とか”金賞”とかって書いてあるし、芸能人の来ました写真もいっぱい貼ってあるし、どうなの~?って思いながらも、1つ買い食い。





金賞コロッケ、牛肉コロッケなんだけど結構クリーミーで、なかなか美味しい。
サイズ小さめ、1個160円、その辺のお肉屋さんのコロッケの倍のお値段ですねぇ。

しかし、”金賞コロッケ”で検索すると、湯布院って出てくるんですけど。
チェーン店?それとも、たまたま同名のお店??謎。



くらしき桃子 倉敷中央店


スイーツもいただきました。



くらしき桃子 倉敷中央店
くらしき桃子は、本店と倉敷中央店とあって、提供しているメニューがそれぞれ違います。
倉敷中央店のほうで、パフェをいただきました。





「ももこパフェ 972円」
おばさんが食べていいんでしょうか?っていう可愛い名前で、オーダーする時ちょっと恥ずかしかったぞ。
説明によると、7月中旬~8月上旬の短い旬の時期に収穫した清水白桃を、低温熟成、加糖過熱殺菌して保存、通年食べれるようにしているらしいです。
パフェには、白桃のコンポートの他、お店でも売ってる清水白桃プリンがのってて、下のほうには果肉入りの桃ゼリー、まさに白桃づくし。
お散歩で歩き疲れたところで食べるとちょうどいい、甘~いパフェでした。

くらしき桃子のパフェはいっぱい種類があるけど、こちらのメニュー一覧でチェックできますよ。
しかしあれですね、フルーツ自体が高いのはよく分かるけど、一番高い物だと2,700円。
パフェで2,700円って、一瞬ひるみますね(笑)



かつ丼 城下町 アリオ倉敷店


遅めのランチに、デミカツ丼をいただきました。




岡山県民は、デミグラスソースのかかった「デミカツ丼」をよく食べるというのをテレビで見てから、ちょっと興味があって。
でも、倉敷美観地区ではデジカツ丼が食べれそうなお店が見つからず。
お土産屋さんのお姉さんに聞いてみたところ、倉敷駅北口アリオのフードコートにありますよ!って教えてもらったので、行ってみました。
かつ丼 城下町 アリオ倉敷店





濃厚なデミグラソースがたっぷりかかった、岡山名物デミカツ丼。
かなりボリューミー。これで640円は安い!
カツがさっくさくで美味しかった。
普通のカツ丼もいいけど、デミカツ丼もいいですね。


今回は、倉敷の駅前と美観地区周辺しか歩けなかったので、次回はほかの場所にも行ってみたいです。「晴れの国おかやま」好きかも♪
今度は、大好きなブドウや桃が旬の夏がいいかな~。


↓↓ この記事がお役に立ったらポチお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

follow us in feedly



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA