もうすぐ終わる紅葉が綺麗だった鎌倉「妙本寺」

[記事公開日]
LINEで送る
Pocket

2017年、この辺(南関東)では「秋ってあった?」ってぐらい、猛暑から一気に寒くなり、冬へ突入した印象。
10月には台風が2連続でやってきたり、不安定な天候の日が多かった気がします。
そのせいか、紅葉を見に行った周囲の人たちからは、「今年の紅葉は綺麗じゃない」という声もチラホラと。

昨日はちょうど、お昼過ぎから鎌倉で用事があったので、久しぶりに写真の練習も兼ねて、朝から紅葉シーズン最後の鎌倉へ行ってまいりました。


最初、鎌倉では一番紅葉が遅いといわれている「瑞泉寺」へ行こうと思ったのだけど、途中で気が変わって「妙本寺」へ。
妙本寺は、鎌倉駅から歩いて7~8分、とてもアクセスしやすいお寺なのに、なぜか観光客が少なめで、紅葉シーズンは特に穴場だと思います。

鎌倉 妙本寺の紅葉 2017(12/18撮影)


撮影機材:Nikon D5300+AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G






妙本寺は、山深い雰囲気の静かな日蓮宗のお寺。
小町通り・若宮大路からさらに奥へ入った住宅地の中にあります。
素敵な色合いの二天門、鎌倉最大級の木造仏堂建築である祖師堂など、建物が立派。






平日の朝10時頃、ほとんど参拝客もおらず。
既に終わりかけかなぁと思った紅葉も、十分に綺麗で。
お天気も良かったし、絶好の撮影日和でした。






妙本寺は、サクラ、カイドウ、ノウゼンカズラなど、4月~8月にかけて咲くお花が有名。
鎌倉で紅葉といえば、円覚寺、覚園寺、浄智寺、長谷寺など、他に人気の寺院が多くあるので、観光客はそっちに流れるんだけど、実はこちらのお寺も秋は秋でカエデやイチョウなど、色鮮やかな紅葉が楽しめます。








モミジ?カエデ?どっちか分からないけど、鮮やかな黄~橙~赤のコントラストが見事で、すごく綺麗でした。






写真の練習ということで、今回は頭上だけではなく、足元にも注目してみました。
落ち葉で季節感を表現。






イチョウの黄色い絨毯も素敵でした。
上の2枚目の写真は、ちょっぴり演出をいれました(笑)





もう水仙が咲いてました。





方丈門のあたりで、草陰からニャ~って声がするので近寄ってったら、こんな猫ちゃんがいました。





好きなお寺のひとつ。また春に来ます。
あと、紅葉撮影にはやっぱり望遠レンズが必要!来年は買うぞ。


↓↓ この記事がお役に立ったらポチお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

follow us in feedly



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA