足裏にタイガーバームを塗ったら咳が止まった話

[記事公開日]
LINEで送る
Pocket

年明けから、なんとなく風邪っぽい症状が続いていた私。
最初まず喉が痛くなり、微熱と体のだるさが続いて、同時に咳も止まらなくなり、そのおかげで声も出なくなりました。

そんな状態で、極寒の奈良へ遊びに行ったものだから、そりゃ悪化しますよねぇ。
で、なかなか酷い咳が止まらず、ここ数日はぐっすり眠れない夜を過ごしておりました。

ある晩、真夜中に咳で目が覚めて、その後寝つけなくなってしまった時のこと。
藁にもすがる思いで、
「咳 止める方法」
と、ベッドの中でスマホ片手に調べてたところ、ある情報にたどり着いたのです。

それは、足の裏にヴィックスヴェポラッブを塗ると、嘘みたいに咳が止まるからやってみ!
というやつ。なんでも、イギリスの民間療法らしいのです。

ちょっと余談ですけど。
子供の頃から「ヴィックスヴェポラッ」と覚えてたけど、最後は「プ」じゃなくて「ヴ」なんですね。今までずっと、間違えて覚えてた。
英語だと、「Vicks VapoRub」だからね。
ちなみに、Vapor(蒸気)とRub(こする)をくっつけて、「VapoRub」なのかなぁ?と。
胸のあたりに塗って、吸うとスースーするイメージからでしょうか?

で、話戻りますけど、足の裏に塗るという件。
足裏に塗って咳が止まるという理屈、よく分からないじゃないですか。
子供の頃、咳が出た時にヴィックスヴェポラッヴを胸に塗ってもらって呼吸が楽になった記憶はあるけれど。足の裏!?

でも、どうにかして咳を止めたかった私は、素直にやってみることにしましたよ。
ヴィックスヴェポラッブは家になかったので、何か代わりになるものはないか?と考えたところ、先日台湾で買ってきたタイガーバームはどうだろうか?とひらめいて。
調べてみたところ、タイガーバームに含まれるユーカリオイルにも、気管支炎などの症状を緩和する効能がある、と書いてあったので、よしコレだ!と。





↑ 写真の左、タイガーバーム赤(温感タイプ)のほうを、両方の足裏に塗ってみました。
冷感タイプだと、足が冷えちゃうかなぁと思って、温感に。

そしたら、ビックリですよ。
本当に、なかなか止まらなかった酷い咳が嘘のように止まった!
足裏に塗った時に手についたタイガーバームを、胸元にも少しヌリヌリしたので、鼻からも多少はスースー成分を吸ってたと思うんですけど。
でも、足の裏に塗って数分もしないうちに、本当にピッタリと咳が止まり、朝まで眠れた。
なんだこりゃ、民間療法おそるべしです。

風邪をひいた時の咳は、薬などで止めずに、咳をしてウィルスを排出させたほうがいいらしいですが、夜も寝れないほど強く咳き込んでしまう時には、この方法はオススメです!

そして、もしお薬に詳しい方がいたら、足の裏にこういった類の薬を塗ると咳に効くという理由、お分かりでしたら是非教えて欲しいです。


↑ タイガーバームは現在日本では買えないので、ヴィックスヴェポラッヴ、一家に一つ用意しておくといいかもネ。


↓↓ この記事がお役に立ったらポチお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

follow us in feedly





LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA