10日間の「七号食」がやっと終了しました!

[記事公開日]2018年9月8日
LINEで送る
Pocket

先日ブログに「玄米だけを食べ続ける「七号食」に挑戦中」という記事を書きましたが、その後も玄米食を続けておりました。途中挫折することなく、本日無事に10日目を迎え、オリジナル七号食(7日間玄米のみ+3日間回復食)の修行がようやく終了しました!
長かったような、でも終わってみれば意外と平気だったような。ただ今言えることは、玄米ちょっと飽きました、ってことですね。

これ読んで、じゃぁ俺も私もやってみよう!って人がいるかどうか分かりませんが、参考までに10日間の七号食の記録(日記)を載せます。

◆1日目

[朝・昼・晩、それぞれ玄米を一膳]

玄米は一度に3合炊いて、冷凍ストック。
白米と違って、毒素を抜くために浸水時間が長めに必要(8時間ぐらい)です。
玄米、意外と大丈夫、プチプチして美味しい!(と、まだこの時は思っていた・・・)
何の味もない玄米だときついので、塩、梅干し、ごま塩などでアレンジしながら。
最低50回噛むようにしてるので、顎が疲れます。
初日、3食玄米ごはんだけだったけど、空腹を感じることもないので、続けれそう。
お通じ:〇





◆2日目

[朝・昼、それぞれ玄米を一膳]

朝、お腹が空いて目覚めました。
この日は仕事が休みだったので、朝は時間をかけてゆっくり玄米ごはん一膳完食。
そしてお昼。また玄米一膳を食べたのだけど、途中で突然ヌカの味が気になり始めました。
一度気になるともうダメで、もう食べたくないかも!と急に思う。
夜になっても食欲がなく、胸のあたりがムカムカ。炭酸水を飲んで、少しスッキリ。
玄米ってアクが強いなぁ、体やられてるなぁ、と感じつつ、夕飯は食べずにそのまま就寝。
お通じ:〇


◆3日目

[朝・昼・晩、それぞれ玄米を一膳]

朝起きるとかなりの空腹を感じ、玄米を一膳完食。昨日あんなにダメ!と思った玄米も、今日はなぜか平気。
仕事中、軽い頭痛がしたけれど、薬は飲まずに我慢。
ネットで調べると、七号食実践中の頭痛はよくあることらしい。低血糖が原因とのこと。
仕事帰りにスーパーで甘酒を購入。この低血糖の症状が出た時は、玄米甘酒を飲んでいいらしいので。
でも、玄米甘酒は手に入らなかったので、普通の米麹甘酒(125ml)にしました。
いつまた玄米やだやだ反応が出るか分からないし、ゴマ塩と梅干しだけではさすがに飽きるので、「ゆかり」を購入。
本来、七号食では添加物はダメらしく、ゆかりの原材料には「調味料」として糖分や添加物が入っていましたが、ごく少量ふりかけるだけなので自分の中でOKとしました。
頭から首にかけて、ずっと重だるい感じ。辛い・・・。
お通じ:×



[↑ 七号食中の頭痛には甘酒♪]


◆4日目

[朝・昼・晩、それぞれ玄米を一膳]

目覚めはスッキリだけど、とにかく体がだるい。パワーが出ません。
本当は、軽いウォーキングなどを取り入れたほうが良いらしいですが、そんな余力はなし。
ただ、この頃になると玄米のみを食べることにあまり抵抗がなくなり(半ば諦めもあるけど)、玄米ライフを楽しんでみようかな?という、ちょっとした気持ち的な余裕も生まれました。
小豆を買ってきて、「寝かし玄米」を作ってみたり。
※寝かし玄米:玄米と小豆と塩を入れてご飯を炊き、炊飯ジャーで3日程度放置。
お通じ:〇


◆5日目

[朝・昼・晩、それぞれ玄米を一膳]

小豆入りの玄米にかなり救われています。
小豆が入るだけで、玄米のヌカの味やにおいをほぼ感じなくなるので不思議。
とはいえ、ゴマ塩、梅干し、ゆかりのローテーションも、さすがに5日目ともなると飽きる。
この日から、腰の下のほうに鈍痛を感じるように。これも好転反応のひとつか?
七号食で胃腸がしばらく休まった状態になると、今まで鈍っていた内臓が動き出したり、血の巡りが良くなって老廃物が一時的に血液中に流れ出たりすることで、体調不良が起こることもあるらしい。
体調不良が出る場所は、もともと痛みのある場所や、自分の体の弱い部分らしいです。
私、今まで腰が痛いなんてこと一度もなかったんですけどね。なぜだろう。
老廃物が出ている、体の悪い部分が修復されている、体は良い方向へ向かっていると、前向きに考えることにしました。
そういえば、玄米生活を始めてから、まったくイライラしなくなりました。
お通じ:〇





◆6日目

[朝・昼・晩、それぞれ玄米を一膳]

先が見えてきました、あとちょっと。
この日も3食とも寝かし玄米、寝かし玄米は普通に炊いた玄米よりももっちりして食べやすいです。
3~4日目に感じた頭痛や首回りの痛みはほぼなくなるも、腰の痛みは継続中。
そして新たに、おでこと頭の境界線あたりに、小さなブツブツがいくつか出ました。
七号食の最中、吹き出物が出たという人も結構いるようなので、これも好転反応の一つか。
お通じ:〇


◆7日目

[朝・昼・晩、それぞれ玄米を一膳]

玄米のみの食事は今日が最後。明日からはお味噌汁が飲める!
今日は、昨日まであった腰の痛みが嘘のように消えました。体調はこの7日間で一番いいかもしれません。
デトックスがひととおり終わったのかな?体も軽く感じるし、気のせいかお肌もツヤツヤしてるような。
今日は、明日からの回復食に備えて、仕事帰りに野菜とお漬物を買ってきました。
調味料以外は空っぽだった冷蔵庫に、久しぶりに物が入った(笑)
お通じ:〇





◆8~10日目

[回復食]

玄米ごはんに加えて、8日目には具なしのお味噌汁をプラス、9日目には野菜を入れたお味噌汁をプラス、そして10日目には朝・昼・晩と徐々に野菜中心のおかずを少しずつ加えていき、7日間の七号食+3日間の回復食を終了しました!
8日目に飲んだお味噌汁は、いつも作るよりかなり薄味にしたにもかかわらず、しっかり味を感じました。
ダシをとって、楽天スーパーセールでgetした発芽米味噌で作ったのだけど、久しぶりのお味噌汁というのもあってか感動的に美味しく感じました。
七号食を始める前に比べて、味覚がかなり敏感になったように感じます。
お通じ:〇




10日目最後の回復食はこんなに豪華。
玄米ごはん、キャベツとしめじのお味噌汁、野菜の煮物、鮭の味噌焼き、卵焼き、お漬物。
鮭の味噌焼きは、この日のために3日前から味噌+みりん+酒で仕込んでおきましたからね。
でも、まだ回復食なのでお肉はNG、コーヒーや甘い物などの嗜好品もまだ食べてません。

回復食も一応段階を踏んだので、胃が痛くなったりお腹をくだしたりすることもありませんでした。
明日からはコーヒーも解禁!普通食に戻りま~す♪


◆終わってみての感想


体重は、最終的に-2.8kgでした。
MAX落ちたのは9日目の朝で-3.4kgだったけど、その後の回復食で少し戻ったので、10日目夜の計測では-2.8kg。
それだけかぃ!って思ったけど、まぁ玄米とはいえ、三食がっつり米を食べてましたからね。おかげで、空腹に悩まされることもなかったし。
顔、とくに顎まわりが少しスッキリした感じ。お腹まわりは胃のあたりは少し凹んだけど、下っ腹は変化なし。
玄米しか食べてないのに、お通じがなかったのは3日目の1日だけで、ほか9日間は毎日快調でした。玄米は食物繊維が豊富ですからね。

七号食は究極の食生活だけど、そもそも粗食というのは良いのかもしれません。
スーパーボランティアの尾畠春夫さんなんて、あんなに体を動かしているのに、食事はパックご飯と佃煮だけとか、TVで見た様子だとものすごく質素。それでもあの体、70代後半であの筋肉。
あれが足りない、これが足りないと栄養を多く取ろうとするばかりが健康ともいえないのかなぁと感じました。

今回は7日間の七号食+3日間の回復食、計10日間のチャレンジをしたけれど、今後もベースの玄米食は継続していきたいなと。
毎日玄米だとあれなんで、辛くなったら白米+玄米混ぜたりとかしてね。
それに、贅沢な食事が続いた後に七号食を数日間取り入れてみるなど、たまにプチ七号食も取り入れてみようかなと思ってます。

七号食はデトックスが目的の一つでもあるので、玄米を買うときは、無農薬の玄米を選んで買ったほうがいいみたいですよ。


兵庫県産 無農薬 ミルキークイーン 10kg 玄米 1等 平成29年産
ファーム前田屋
売り上げランキング: 23,425



↓↓ この記事がお役に立ったらポチお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

follow us in feedly



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA