ドラクエウォークは楽しいけどバッテリー減に要注意

[記事公開日]
LINEで送る
Pocket

先日の大きな台風の影響で、ここ一週間は仕事がかなり忙しく残業続きでしたが、先日リリースされたドラゴンクエストウォーク「ドラクエウォーク」に癒されております。

ポケモンGOの時はインストールして3分遊んで飽きてやめたけど、ドラクエウォークは今のところ楽しい♪ 昔からゲームはほとんどしない私でも、世代的にドラクエとFFだけはやりまくったので、このゲームの雰囲気、すごく懐かしい。

リリース直後の9/13から、ゲーム開始。
主人公(自分プレイヤー)を「パピコ」と名付けて、冒険を開始しました。




プレイヤー自身の姿も設定できるようになっていて、性別、髪型、髪の色、肌の色、目の形など、いくつかのパーツの中から選んでキャラを作れるようになってます。
ちょうど今の自分と同じような髪型があったので、寄せてみた(笑)
武器や防具のほか、戦いで手に入るモンスターの「こころ」を身に着けることで、プレイヤーを強くしていきます。





面白いのは、ドラクエウォークの世界と現実世界が連動しているところ。
フィールドは自分が今いる場所。リアルなスポット名が出てきたりする。
例えば電車で移動中とかだと上の写真↑のように、フィールドにちゃんと線路が現れる。





現実世界が夜になると、ゲームの世界もちゃんと夜になる。
上の写真↑は、近所の緑の多い場所を歩いた時だけど、こんな綺麗な夜景(笑)になるので、ちょっと余計に歩いてみようかな、なんて気にもなる。

スマホゲームではあるけれど、ただモンスターを倒すだけじゃなくて、ちゃんとストーリーがあるのでとても冒険感があるんですよね。
目的地を選んで移動し「クエスト」を実行することで、ストーリーを進める。
その間で、モンスターを倒してレベルアップしたり、仲間が加わったりする。

私の場合、まだあまりウォーク出来ていないので、なかなかストーリーが進まず。
でも、昨日の夜にやっと仲間が一人(僧侶)加わりました。





少しストーリーが進むと、自分の家が持てるように。
家を建てる場所も、自分で決めれます。
私は実際の家と同じ場所に建てたけど、職場に家を建ててる人も多いっぽくて、会社の休憩時間にゲームしたらものすごい数の家が出てきてビビった。
しかも、本名=プレイヤーネームにしてる人も多くて、アイツやってるな!ってのが分かったりする(笑)

ちなみに、家は非公開にもできるし、ぼかして公開(約1~3kmランダムにずらして他のプレイヤーに公開される)にすることもできる。
私は、完全に非公開でやってます。





まだこんなに小さくて物が少ない家だけど、ストーリーが進むにつれて家もゴージャスに変えていけるっぽい。





倒したモンスターが載ってるモンスター図鑑。
ドラクエと同じ、お馴染みのモンスターばかり。
メタルスライム、はぐれメタル、getできるかな~♪





歩きスマホが問題となっている昨今、この機能が付いたのでしょうか。
「ウォークモード」というのがあり、これをONにしている間は勝手にモンスタート戦ったり回復スポットに触れたりしてくれて、レベルアップが可能。





ただ、この機能を使う場合、バッテリーの消耗が激しいので注意が必要です。
スマホを上下ひっくり返すだけで画面が暗くなりバッテリー消耗が抑えられる「バッテリーセーバー」という機能があるんだけど、これをONにしておいても、相当減ります。





通勤時はウォークモードにしてバッグにスマホを入れて歩いてるんだけど、先日、職場に到着した後もウォークモードを解除するのを忘れて、お昼休みまでスマホを放置。
お昼休みにスマホを手にしたら、充電が完全に切れていて、本体が起動できなかった(泣)
上の写真↑のように、右肩下がりでバッテリーが減って、4時間ほどで力尽きるので要注意ですよ。
モバイルバッテリーは常に持ち歩いたほうがいいですね。

ひとつ残念なのが、このドラクエウォークは国内仕様のようで、海外ではプレイできない(現地地図に連動していない)みたいなんですよね。
ドラクエって中世ヨーロッパの世界観だから、あちらでも出来たらもっと楽しそうなのに...。



↓↓ この記事がお役に立ったらポチお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

follow us in feedly





LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA