レトロな対流形石油ストーブ「Rainbow」使用感

[記事公開日]
LINEで送る
Pocket

トヨトミ 対流形石油ストーブRB-25F暖冬といわれていた今年だけど、最近はさすがに寒くなってきました。

我が家の暖房は基本ホットカーペットで、寒いときだけ電気ストーブを使ってるんだけど、原油安の影響で最近は灯油の値段も安くなってるので、石油ストーブを使うことにしました。
昨年末に購入しておいた、トヨトミの小型石油ストーブ。


このフォルム、アラジン型っていうんですかね?
昔からあるレトロな対流形です。
よくある四角い形の石油ストーブは、値段も安いし、灯油タンクを取り外して給油できるから、このアラジン型よりもきっと使い勝手はいいんですよね~。
でも、色気がないっていうか、なんかね。

RB-25F

全体的にもレトロだし、パーツもなんだか昭和の機械って感じがして、こういうのすごく好きです。
点火すると、最初ボッ・・・ボッ・・・って音がして、炎があがりはじめます。
実家でも子供の頃から石油ストーブを使っていたから、燃え始めの灯油のにおいも、嫌というより何となく懐かしく感じます。

Rainbowって名前がついてるくらいなので、火がついてる間は七色に輝くってのが売りのようなんですが。
私の目が悪いんだろうか・・・?どう見ても七色には見えず。
ガラスの筒に反射する光が、ほんの少し色違いに見える程度です。

まぁ、Rainbowかどうかはさておき、やっぱり石油ストーブは暖かいですね。
上にやかんを置いてお湯を沸かせるのも便利で、そうすると部屋も加湿されてイイ感じ。
あと、まだやってないけど、さつま芋をアルミホイルに包んでストーブの上に置いておくだけで、焼き芋もできるらしい。
昨日は、愛用しているSTAUBのココットラウンドをこのストーブの上に置いて、コトコト煮込み料理をしながら、そのレトロな雰囲気に一人で酔いしれてました(笑)

停電時でも灯油さえあれば使えるし、部屋の明かり代わりにもなりそう。
ロウソクのような暖かいオレンジの灯で、とっても癒されます。
震災って何となく冬に多い印象あるし、いざという時のためにも一家に一台、電気不要のこういう暖房設備があると安心かもね。



にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

レトロな対流形石油ストーブ「Rainbow」使用感」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    やっぱこういう「まんまる」な形のストーブは可愛くていいですね。
    赤い炎も冬にはいいですよね。
    ついボーっと見ちゃいます。

    欲しいけどこういうストーブは整理整頓された広い部屋の象徴とも言えるものなのでアレなんです。
    可燃物が狭い部屋に密集しているわたくしめの部屋では無理なのでと書いていて「まずは部屋かたずけろよ」とか自分にツッコんでみました。

    • ikb524さん

      こんにちは。
      まんまるストーブ、素敵ですよね。
      寒くなるのが楽しみです(^^)

      我が家も狭いんですが、ストーブまわりだけは一応、片付けてますよ~。
      ikb524さんも、お部屋の片付けしてストーブ置きましょうよ!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA