国内旅行を半額補助?「Go To Travelキャンペーン」

[記事公開日]

国内に向けた消費喚起策として計画されている「Go Toキャンペーン事業」。先月発表されましたが、令和2年度の補正予算案額で1兆6,794億円の国費を計上し、新型コロナウイルス流行収束後に執行される予定のようです。

現在はまだ新型コロナ流行収束前で、ちょっと気が早いかもしれないけれど、早く全国的に行動規制が緩和され、旅行業界全体が再び盛り上がることを期待しています。

官民一体型の消費喚起キャンペーン「Go Toキャンペーン」事業。
現在発表されている内容によると、以下の5本柱をイメージしているようです。

※以下、令和2年度国土交通省関係補正予算の概要について-より抜粋
http://www.mlit.go.jp/report/press/kanbo05_hh_000187.html

1. Go To Travelキャンペーン
旅行業者等経由で、期間中の旅行商品を購入した消費者に対し、代金の1/2相当分のクーポン等(宿泊割引・クーポン等に加え、地域産品・飲食・施設などの利用クーポン等を含む)を付与(最大一人あたり2万円分/泊)。

2. Go To Eatキャンペーン
オンライン飲食予約サイト経由で、期間中に飲食店を予約・来店した消費者に対し、飲食店で使えるポイント等を付与(最大一人あたり1000円分)。登録飲食店で使えるプレミアム付食事券2割相当分の割引等)を発行。

3. Go To Eventキャンペーン
チケット会社経由で、期間中のイベント・エンターテイメントのチケットを購入した消費者に対し、割引・クーポン等を付与(2割相当分)。

4. Go To 商店街キャンペーン
商店街等によるキャンペーン期間中のイベント開催、プロモーション、観光商品開発等の実施。

5. 一般的なキャンペーンの周知
キャンペーンを一体的に、わかりやすく周知するための広報を実施。


Go Toキャンペーンはいつから実施されるのか、現時点では分かりません。
新型コロナウイルス流行収束後ってことなので、楽しみに待ちたいと思います。

中でも気になるのは、「Go To Travelキャンペーン」。
旅行業者等経由で手配した旅行に、宿泊割引やクーポン等を適用させる形を想定しているようですね。
国内に向けた観光需要喚起としては「かつてない規模の旅行商品の割引による観光需要喚起を行う」とあり、上記からも国内旅行の半額補助を想定しているように見えます。

過去にも旅行助成金がいくつかあったけど、アクセスが殺到したり、既に規定数に達して終了してたり、すんなり割引利用できたことがありません。
新型コロナ収束後、大幅割引を利用して国内旅行をしたいと考える人はきっとたくさんいると思うので、今回は是非、簡単な手順で、多くの人が公平に利用できる仕組みにして欲しいなと思います。


↓↓ この記事がお役に立ったらポチお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

follow us in feedly





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA