アジア各国の「観光コスパ」ランキングの1位はクアラルンプール!

[記事公開日]2015年8月13日
LINEで送る
Pocket

news格安LCCの便が増えたことなどにより、アジア旅行人気が高まっていますが、エクスペディア・ジャパンは、アジア各国の「観光コスパ」のランキングを発表しました。

観光コスパとは、観光に要するコストを対比させた度合いのことで、簡単にいえば、”安くお得に旅行ができる都市はどこか”、ということですね。

ランキングでは、
5つ星ホテル(1泊)、タクシー(2回)、電車運賃(2回)、ビール(2杯)、食事(3食)
をベースとして算出し、比較しています。

観光コスパランキング(宿泊あり)

※エクスペディア調べ

1位. クアラルンプール
2位. バンコク
3位. ハノイ
4位. セブ島
5位. 台北
6位. ソウル
7位. バリ島
8位. 沖縄
9位. シンガポール
10位. 香港

東京と比べると、1位のクアラルンプールの旅行費用は、約1/4です。
トップ3は確かに物価が安いイメージはあるけれど、クアラルンプールが1位というのはちょっと驚き。
もう旅行したのは昔のことなので、はっきり覚えてないんけど、そんなに安かったかしら?
個人的には、バリ島は高級感を味わえるわりに旅費が安かったなという印象だけど、7位という結果に・・・。


観光コスパランキング(宿泊なし)

※宿泊費を含まない、1日あたりの観光費
※エクスペディア調べ

1位. ハノイ
2位. バリ島
3位. セブ島
4位. バンコク
5位. クアラルンプール
6位. 台北
7位. ソウル
8位. 沖縄
9位. 香港
10位. シンガポール

こちらも東京と比べると、1位のハノイは約1/5の費用となります。
宿泊費(ホテル代)を除くと、ベトナムのハノイが1位で、クアラルンプールは5位。
ということは、クアラルンプールはホテル代が他国に比べて安いということですね。
バリ島は、こちらでは3位に入ってました!
さすがリゾート地だけあって、ホテル代が高いんですね。
ということは、逆にリーズナブルなホテルを選べば、バリ島やセブ島はコスパが高い旅先になります。

人気のシンガポールや香港は、どちらのランキングでも沖縄より下にランクイン。
アジア旅行というと海外ばかりに目を向けてしまいがちだけど、沖縄もアリですね!


ちなみに、各項目の1位は・・・

– ホテルコスパ : クアラルンプール
– 電車コスパ : セブ島
– タクシーコスパ : ハノイ
– 食事コスパ : バンコク
– ビールコスパ : ハノイ


東京から各都市へ、フライト1kmあたりにかかる運賃で算出したフライトコスパは・・・

1位:バンコク
2位:シンガポール
3位:クアラルンプール
4位:沖縄
5位:台北
6位:香港
7位:ハノイ
8位:セブ島
9位:バリ島
10位:ソウル

という結果だそうです。
LCCが多く就航している都市が、上位にランンクインされている印象です。
フライトコスパが悪い旅先へは、マイレージの特典旅行を利用する手もあり。

この結果を見て、個人的にはまだ行ったことのないベトナム、コスパの良いハノイで、贅沢に過ごしてみたいなと思いました。

ランキング結果の詳細は、こちらで確認いただけます。


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA