7日間でバルト三国(リトアニア・ラトビア・エストニア)を周るルート

[記事公開日]2015年10月29日
LINEで送る
Pocket

バルト三国2015年10月、リトアニア→ラトビア→エストニアというルートで、バルト三国を個人旅行しました。
10月後半のバルト三国は、ちょうど紅葉真っ盛りで、黄金色に輝く街並みがすごく美しかったです。

この時期のバルト三国は、関東の12月ぐらいの気候で、冬用のコートを着ていればそれほど寒いこともなく、ピリッとした肌寒さが逆に心地よいぐらいでした。

1泊は機内泊だったので、5泊7日で3ヶ国を周遊。

1日目10:30成田発のJAL便で、ヘルシンキを経由して、17:30リトアニアのヴィリニュスへ。ヴィリニュス泊
2日目ヴィリニュス旧市街観光。ヴィリニュス泊
3日目電車でシャウレイへ移動後、タクシーチャーターで、十字架の丘 → ラトビアのリガへ。
到着後、リガ観光。
リガ泊
4日目リガ旧市街観光。リガ泊
5日目バスでリガ → エストニアのタリンへ。
到着後、タリン旧市街観光。
タリン泊
6-7日目タリン旧市街観光。
12:50タリン発、ヘルシンキを経由して翌日の朝に成田着。
機内泊


今のところ直行便がないので、どこかの国を経由してのバルト三国入りとなりますが、フィンランドのヘルシンキを経由するフライトは時間的に最短コースなので、おすすめです。

今回は、リトアニア→ラトビア→エストニアと、南から北上していったけれど、物価はこの順番でだんだん上がっていき、逆に気温はだんだん下がっていきました。

ヴィリニュス2泊、リガ2泊、タリン1泊というスケジュールにしたけれど、エストニアの首都タリンは前の2都市に比べると旧市街がだいぶコンパクトにまとまっているし、市内と空港がとても近いので、タリンを最後の1泊にしたのは良かったかなと。

リトアニアの「十字架の丘」へのアクセスだけはちょっと面倒だけど、三国周遊でも交通機関は電車やバスが時刻どおりに運行してるから、移動はそれほど大変ではありません。
十字架の丘へは、リトアニアのヴィリニュスからラトビアのリガへの移動途中に立ち寄る、という旅程で計画。
短期間の旅行だったので、時間節約を最優先し、事前にシャウレイという都市からのタクシーチャーターを依頼しておき、十字架の丘で1時間ほど過ごした後、リガのホテルまで送ってもらったので、すごく楽でした。

三都市とも、可愛いカフェや雑貨のお店がたくさんあるし、世界遺産の旧市街は絵になる風景だらけだし、始終テンション上げ上げで。
バルト三国は、一人旅でも女子旅でも、楽しめる旅先だと思いました。


follow us in feedly
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

7日間でバルト三国(リトアニア・ラトビア・エストニア)を周るルート」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。もう少し詳しくプランを教えて頂けないでしょうか?秋にバルト三国へ行きたいと思っております。旅行期間が短い為、どのようにスケジュールをたてようか迷っています。よろしくお願いします。

    • 中野さん
      はじめまして。

      秋にバルト三国の旅行を計画されてるんですね。
      詳しいプランをとのことですが、どの部分での詳しい情報が必要でしょうか?
      スケジュール、移動手段、観光などについては、本ブログでかなり細かく旅行記を書いており、下記URLにまとめてありますので、よろしければ参照いただければと。
      http://wptravel.msmsnet.com/2015baltic-states

      ほかにご不明点などあれば、ピンポイントでご質問いただければ、分かる範囲でお伝えいたします。

      秋のバルト三国、とても素敵ですよ!楽しい旅になるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA