ユナイテッド航空のマイレージ「MileagePlus」

[記事公開日]2012年11月17日
LINEで送る
Pocket

ユナイテッド航空のマイルが、じわじわ貯まってます。
今、92,000マイルほどあるので、そろそろ特典旅行したいなぁと思い、行き先を検討中。

国内旅行の特典航空券に使うのもいいし、カリブ海諸国に65,000マイル(セーバー特典)で行けるようなので、それもいいかなと。

<UPDATE!!>日本国内線特典旅行必要マイルが変更となり、従来より半分のマイルで特典が利用できるに変更になりました。詳細はこちらを参照。


マイレージプラスの特典、どう使うのがいいか?


以前は、遠くへ飛ぶときはマイルを貯めて、特典は日本国内線で使う、というスタンスだったのが、最近ちょっと変わってきました。

というのも、ユナイテッド航空など米系の航空会社の特典旅行券の場合、自社便だといまだに燃料サーチャージがかかりません。
なので、サーチャージが高い国際線長距離ルートを飛ぶときに特典を利用しちゃうのも、悪くないなと思いはじめたわけです。

それと、ユナイテッド航空の特典旅行の場合、ネットで予約すれば手数料はかからないのですが、ANAを含むスターアライアンスの一部のパートナー便はまだネットでの予約ができないので、ユナイテッドの予約センターにで電話予約しないといけません。
その場合は、航空券1枚につき25$の発券手数料がかかります。

1回の予約につき25$ならまだしも、航空券1枚につき25$ですよ。
先日これを知らずに、羽田-新千歳のANA便、2人分の特典旅行券をユナイテッドの予約センターで電話予約&発券したら、後日カードから50$引き落とされてました。とほほ。。。

<UPDATE!!>
2013年7月17日からは、ANA国内線についてもオンライン予約が可能になっています。25$の手数料もかからなくなりました。
ただし、以前は出発21日前までは変更手数料は無料でしたが、2013年6月19日発券分より新ルール適用で、一般会員だと出発21日前までの変更で75$、20日以内だと100$の変更手数料を払わないといけません。


ちなみに、ワンワールド系のマイルはJALで貯めていますが、JALの場合は国内線フライトへの交換はネットでできて手数料もかかりません。
しかし、国際線フライトへの交換の場合は、燃料サーチャージを払わないといけません。

そうなると、ユナイテッド航空とJAL、主に2つのマイレージを貯めている私の場合、

ユナイテッド航空マイレージプラス特典
 ⇒ 燃料サーチャージの高い長距離区間をUnited便で飛ぶときに利用
JALマイレージバンク特典
 ⇒ 国内線特典で利用

とするのが、賢いマイレージ特典の使い方なのかなと。

これからユナイテッドのマイルを貯める人へのアドバイス


私はユナイテッドのマイルは、MileagePlus MUFGカードで貯めています。
年会費5,000円がかかりますが、ゴールドカードなので空港のカード会社提携ラウンジも利用可能です。
他には、MileagePlusセゾンカードもおすすめです。ゴールドカードもしくは通常カード+追加年会費5,250円を払ってマイルアップメンバーズになれば、1,000円カード利用につき15マイルが加算されます。

特にゴールドカードの場合は海外旅行保険も手厚くカバーしているので、旅をよくする人なら年会費分ぐらいすぐに元が取れますよ。


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA