リトアニア(ヴィリニュス)で食べたもの

[記事公開日]2015年11月2日
LINEで送る
Pocket

リトアニア料理リトアニア料理って、今回のバルト三国旅行をするまで、どんな料理かもよく知らなかったし、食べたのは初めてでした。
日本にリトアニア料理専門の店って、なかなかないしね。

私の個人的なリトアニア料理の印象は、かなりこってり。ソースなどにもお肉の脂が溶け込んでいるのか、一食が重いなって感じがしたのと、付け合せにはジャガイモがとても多いなと。
あと、パンはライ麦パンが定番みたいでした。


Snekutis


宿泊したホテルから歩いて2~3分のところにあった、ビアレストラン。


Snekutis

到着した日の夜、ここで夕食をいただきました。
地元の人が多くて、食事をしている家族連れもいれば、ビールだけ飲んでる人たちも。


Snekutis

パンを揚げてガーリックをまぶしたようなもの。
おいしいけど、量がハンパない。


Snekutis

スモークしたベーコン。マスタードをつけて食べます。
これはちょっと、口に合わなかった。


Snekutis

シャルティーバルシェイという、ビーツの冷製スープ。
色がすごいので、どんな味なのか興味があって頼んでみたんだけど。
ちょっと酸味があるスープで、これもやや苦手な感じでした。
付け合せのジャガイモが、ねっとりしてておいしかった。


Snekutis

もう一つ、温かいスープもオーダーしました。
お豆とお野菜のスープかな、たぶん。
これはおいしかったです。


Snekutis

リトアニアの名物料理、ツェペリナイ。
ツェッペリン(飛行船)の形に似ていることから付けられた名前だそうです。
外側はジャガイモのでんぷん質で作られたモチモチしたもので、中に肉団子が入ってます。


Snekutis

ジャガイモと肉団子の組合せって、合わないワケがなくて、まぁおいしいんだけど。
私はこの上にかかってるソースが、ちょっと苦手かも。
クリームソース系なんだけど、ベーコンなのかバラ肉なのか、肉汁エキスがたっぷり出てる感じで、とにかく重くてお腹にたまる感じ。
このツェペリナイ、1個がものすごく大きいです。
リトアニア人は、一度の食事でこれを一人2個とか食べてるから、仰天です。
申し訳ないと思いつつも、ここでの食事は半分以上残してしまいました。
2人で結構がんばって食べたんだけどね・・・。

このお店で食事中、隣りに座った現地の男性2人組にからまれ。
私たちはリトアニア語はちんぷんかんぷんだし、向こうも日本語・英語が話せないから、全く会話が成り立たないのに、かなりしつこくディスコに行こうとか誘われ、もう最後のほうは聞こえないフリして無視してました(笑)
警察手帳を見せてきて、ポリスマンだっぽいことを言ってたけど、本当なのか・・・?



Forto Dvaras


翌日のランチで行った、ファミレスみたいなリトアニア料理のレストラン。


Forto Dvaras

ヴィリニュス大学の近くにあります。


Forto Dvaras

メニューが写真付きだし、英語表記もあるので、分かりやすいです。
この国は、一皿の量が多いということが昨夜のレストランで分かったので、ランチだけど何種類か頼んで2人でシェアすることにしました。


Forto Dvaras

ライ麦パンの器に、きのこのスープが入ったもの。
クリーミーなスープがすごくおいしかった!


Forto Dvaras

これは、チキンのグラタンみたいなもの。
隣りのおばさんが食べてたのがおいしそうだったので、マネっこ。
別についてきたサワークリームと一緒に食べると、さっぱりしておいしい。


Forto Dvaras

チキンのフリッターみたいのをオーダー。
これは、特段リトアニア料理って感じでもないですね。
昨日食べたのもそうだったけど、付け合せのジャガイモがモチモチねっとりしてて、すごく好き。

このForto Dvarasってお店は、店員さんも民族衣装みたいなのを着てて可愛らしいし、英語もよく通じるし、場所柄かお客さんも外国人観光客が多そうで、居心地がいいです。
お料理もおいしかったし、おすすめ。


Amatininku Uzeiga


夜はこちらのお店で。


Amatininku Uzeiga

市庁舎広場の一角にあって、分かりやすいです。


Amatininku Uzeiga

テラス席もあるけど、奥のほうにはTVモニターが設置されてる広いテーブル席もあります。


Amatininku Uzeiga

英語の表記は、ラザニアみたいな感じで書いてあったと思うんだけど、オーダーしてみたらこんなのが。
ガイドブックに載ってる「コルドゥーナイ」という料理だと思われ。
水餃子みたいなやつで、中に挽肉が入ってます。
かかってるソースは、昨夜のツェペリナイと同じ味がしました。


Amatininku Uzeiga

魚を食べよう!ということで、サーモン。
オレンジ色のソースは、パプリカソース。おいしかった。



COFFEE INN


リトアニアのスタバ的存在で、あちこちにお店があった「COFFEE INN」


COFFEE INN

リトアニアに、こんなオシャレな感じのカフェがあると思わなかった。
この後に行ったラトビアのリガもそうだったけど、この手のコーヒーチェーン店がものすごくたくさんありました。


COFFEE INN

ハンドメイドクッキーってのがあったので、買ってみたんだけど、これが大当たり。
チョコチップが入ったしっとり系のクッキーで、めちゃくちゃおいしかった。



おまけ


翌朝のシャウレイに移動する電車の中で食べるために買った、キビナイ。


Kibinai

キビナイは、挽肉入りのパンで、リトアニアの伝統料理の一つみたいです。
たぶん羊のお肉かなと思うんだけど、臭みもなくておいしかったです。


旅行記、次の記事は
リトアニア→ラトビア移動-シャウレイ「十字架の丘」へ立ち寄り
です。



にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA